MT5 オブジェクト作成の快適化ツール

久しぶりにMT5化の対応となります。
HT_R_Click_AssistをMT5に移植してみました。

興味のある方は、お試し下さい。

MT5_RClickA100

↓バナー↓を応援クリックして下さい。




クリックして頂くと、ダウンロードリンクが以下に展開表示されます。



1.基本仕様につきましては、MT4版の「過去記事」を参照下さい。

2.矢印ラインについては、MT4と異なり、専用のオブジェクトを利用して
  います。

3.垂直線に「延長設定」項目を設けました。
  false にすると、最下端の日付表示が消えます。


少し、マグネットする時の感覚がMT4と違うような気もするのですが、
まあこんなもんでしょうか。
オブジェクトを多く描画する方にとっては、それなりの効率化になるかと
思われます。

お好みに合わせて、ご利用下さい。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 HT_ALERT_LINE_VK を修正

リクエスト内容を反映し、HT_ALERT_LINE_VK(MT5版)に少し修正を
加えました。

興味のある方は、お試し下さい。

MT5_ALTLN205

にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ
↑バナー↑を応援クリックして頂くと、ファイルのダウンロードリンクが表示されます。



1.基本仕様につきましては、 「過去記事(MT5版)」 「過去記事(MT4版)」
  を参照下さい。


2.マグネット機能及びマグネット吸着位置(H、L、O、C)の表示機能を追加
  しました。


3.サウンド通知のモード選択機能を追加しました。
  ローソク足1本に通知1回という設定をデフォルトとしました。


MT4版といくつか異なる仕様はありますが、それなりに使えるものになって
いるのではないでしょうか。

御自身のスタイルに合わせて、有効活用して頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 HT_EASY_SYMBOL_SW と HT_Up_Down_Sign を移植

表題の2件について、MT5対応をしてみました。

興味のある方は、お試し下さい。





1.HT_EASY_SYMBOL_SW

MT5_ES_SYB_CG_202

にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ
↑バナー↑を応援クリックして頂くと、ファイルのダウンロードリンクが表示されます。



 ①通貨ペアや時間足変更操作を補助するツールです。
  基本仕様については、過去のMT4記事1 過去のMT4記事2 を参照下さい。

 ②MT4よりも時間足の数が多いので、時間足は2段表示としました。

 ③気配値表示のウィンドウに表示していない通貨ペアの場合、ボタンが効きません
  ので、利用するペアは表示させておいて下さい。


頻繁に通貨ペアの切替操作をされる方にとっては、利用価値があるかと思われます。





2.HT_Up_Down_Sign

MT5_UPDNSN102

にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ
↑バナー↑を応援クリックして頂くと、ファイルのダウンロードリンクが表示されます。



 ①単純な複数時間軸の方向感を重ねた円で表示するインジです。
  基本仕様については、過去のMT4記事 過去のMT4記事 を参照下さい。

 ②時間足の初期設定は、特に根拠無く選択してあります。
  お好みに合わせて変更して下さい。


MT4と比較し、時間足の数が多いので、面白い模様が見れるようです。
実用性につきましては、ご自信でご判断をお願い致します。

お好みに合わせて、ご利用下さい。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 HT_Typical_Bar と HT_Colorful_MA を移植

久しぶりにMT5対応となります。

MT4でそれなりにダウンロードされているインジの中から、今回は表題の2件
について対応してみました。

興味のある方は、お試し下さい。



1.HT_Typical_Bar

MT5_TYPBAR100

にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ
↑バナー↑を応援クリックして頂くと、ファイルのダウンロードリンクが表示されます。



 直近過去のローソク足を検索し、大きな値動きが有った場合にサインを
 表示するインジです。
 基本仕様については、過去のMT4記事 を参照下さい。


個人的には、MT4でサイズを0に指定し、オマケとして表示させています。
(MT5の場合、サイズ0はサイズ1と同じ大きさになってしまいます。)

数ある情報の中の一つとして、ご利用頂ければと思います。



2.HT_Colorful_MA

MT5_CLRMA101

にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ
↑バナー↑を応援クリックして頂くと、ファイルのダウンロードリンクが表示されます。



 ①傾きによって色が変化するMAです。
  基本仕様については、過去のMT4記事 を参照下さい。

 ②MT5のインジケーターには、色を変化させられるラインが仕様として用意
  されている為、MT4の様なムダなバッファはありません。

 ③チャート画面で表示中の部分のみを計算する仕様としています。


個人的にMAは利用していませんが、どなたかのスタイルにマッチすればと
思います。
お好みに合わせて、ご利用下さい。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 アナログ時計

以前、MT4版としてご紹介したアナログ時計プログラムのMT5版を作って
みました。

興味の有る方は、お試し下さい。

MT5_ANCLK100

HT_Analog_Clock_V1.00 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーをクリック

人気ブログランキングへ飛び、本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.仕様につきましては、MT4版の 過去記事 を参照下さい。


ローソク足の切り替りタイミングを気にされる方にとっては、それなりに
利用価値がありますでしょうか。

お好みに合わせてご利用頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 上位ローソク足の高値・安値を利用して波を描く

MT4版では、それなりにダウンロードされているようなので、MT5へも移植
してみました。

興味のある方は、お試し下さい。

MT5_WAVE101

HT_WAVE_V1.01 ← ダウンロード
HT_WAVE_V1.02 ← ダウンロード (誤表示不具合修正)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、本ブログの紹介文をご確認下さい。


 仕様につきましては、「過去記事」を参照下さい。


パッと見で状況を把握する助けにはなりますでしょうか。

人間の目というもののは、簡単に錯覚を起こします。
客観的な事実を捉える為のツールとして活用して頂ければと思います。





【MT4版】

こちらも少し修正しました。

HT_WAVE_V1.01 ← ダウンロード


1.時間軸に「上位時間軸」という設定を追加しました。

2.時間軸毎に高値・安値の値が微妙に異なることが影響し、ポイントの
  検索ができていない箇所が有ったので、修正しました。


多少ではありますが、おかしな描画をする箇所が減ったかと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 ゾーン延長プログラムの修正

四角オブジェクトの右端部をローソク足にぶつかるまで自動延長するプログラム
「HT_Zone_Extend」のMT5版に対し、

「始点・終点を上下逆に利用したいので、切替設定ができるようにして欲しい。」

とのリクエストを頂きました。

その他の修正もついでに実施してみましたので、興味の有る方はお試し下さい。

MT5_ZEX101

HT_Zone_Extend_V1.01 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.基本仕様につきましては、「過去記事」 をご確認下さい。

2.延長が停止するポイントを「始点側」と「終点側」から選択できるように
  しました。
  「始点側」が従来通りの設定です。
  使い勝手に合わせて、変更して下さい。

3.キーボードを利用して延長処理の適用設定ができる機能を追加しました。
  初期設定は「Zキー」が適用キーとなっています。
  キーは好みの設定に変更可能です。

  四角オブジェクトを新規作成した後、又は作成済みの四角オブジェクトを
  クリックした直後に「Zキー」を押すと、その四角オブジェクトに延長処理
  が適用されます。(説明欄に「e」が入力される。)
  適用済の四角オブジェクトに対し、「Zキー」の操作を行うと、延長処理が
  解除されます。

  従来通り、オブジェクトのプロパティを開き、説明欄を直接編集する方法
  でも適用処理は可能です。

4.通常、MT5の四角オブジェクトは、作成時の始点と終点のみがグリップ可能で、
  その他の角の点は利用することができません。
  MT4に慣れていると、この操作性は受け入れ難いので、対策してみました。
  パラメーターの「対角位置決めポイント追加」を true に設定すると、多少の
  クセはありますが、始点・終点以外の2点でもサイズ変更等の修正が可能と
  なります。


少しMT4とは異なる方向へ改修を進めてみました。

今回の変更により、多少なりとも作業性がUPしたのではないでしょうか。
お好みに合わせて、ご利用頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 オブジェクト同期プログラムの更新

「HT_Line_Sync」 のMT5版をMT4最新版相当へアップデートして欲しいとの
リクエストを頂き、今回対応させて頂きました。

興味のある方はお試し下さい。

MT5_LSC108

HT_Line_Sync_V1.08 ← ダウンロード
HT_Line_Sync_V1.081 ← ダウンロード (フィボナッチリトレースメント仕様修正)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、本ブログの紹介文をご確認下さい。


 仕様につきましては、「過去記事1」 「過去記事2」 等を参照下さい。

動作確認につきましては、マジメに詳細まで実施すると膨大な時間がかかってしまう為、
主要部分をざっくりとしか行っていません。

おそらく大きな問題はないかと思いますが、気付き事項等が御座いましたら、ご指摘を
頂けますとありがたいです。
有効にご活用頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 角度指定トレンドライン用のアラートライン

MT5版の角度指定トレンドライン用のアラートラインに対し、

「MT4最新版相当にアップデートして欲しい」

とのリクエストを何度か頂いておりましたので、今回対応させて頂きました。

MT5_ALA107

HT_ARERT_LINE_VA1.07 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.角度指定トレンドラインを強制的に水平に処理して利用する為のプログラムです。
  基本仕様につきましては、MT4の過去記事 からリンクを辿ってご確認下さい。


MT4とは移動時の挙動が多少異なりますが、実用上の問題は無いかと思います。

個人的には本プログラムのMT4版を常用しています。
様々な用途でご利用頂けるかと思います。

興味のある方はお試し下さい。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 スキャルピング用ツール 及び リクエスト対応

頂いたリクエストにお応えし、いくつかのMT5プログラム作成(MT4版からの移植)や
バージョンアップを実施しました。

興味のある方はお試し下さい。

MT5_SCH104

HT_Sec_Chart_Sample_V1.04
HT_Sec_Chart_Sample_V1.05 ← ダウンロード(左クリック)
(通貨ペア変更時の処理修正)
2015年5月6日までの体験版です。
それ以降は毎月ゼロの付く日(10日・20日・30日)のみ使用可能となります。

HT_Eraser_V1.00
HT_Eraser_V1.01 ← ダウンロード(左クリック) (インジ削除時の処理修正)
HT_Grid_V3.07 ← ダウンロード(左クリック)
HT_ARERT_LINE_VK2.04 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.短期スキャルピング用ツール 「HT_Sec_Chart」
 ①仕様につきましてはMT4版と同等ですので 過去記事 を参照下さい。
 ②MT5版ではローソク足専用の表示スタイルを利用しています。
  (MT4版では棒グラフを無理やり利用してローソク足の実体を描画)
  色を変更される場合は、インジケータープロパティの「カラー」タブ内にて修正を
  行って下さい。


2.オブジェクト消去プログラム 「HT_Eraser」
  仕様につきましては 過去記事 を参照下さい。
  オブジェクトクリックで動作する他のプログラムと共存させると、消去されるまでに
  若干の遅れが出るようです。
  作業性が向上しそうであれば、ご活用下さい。


3.グリッド表示プログラム 「HT_Grid」
  仕様につきましては 過去記事 及び関連記事を参照下さい。
  1年以上バージョンアップされずに放置していましたが、久しぶりにMT4の最新版
  相当へバージョンアップしました。
  あらためてMT5版旧ファイルのダウンロード数を見たところ、それなりに人気の
  あるファイルだったみたいですね。
  ほったらかしにしてすいません。
  多少は快適になったかと思いますので、お好きな方はお試し下さい。


4.アラートライン 「HT_ARERT_LINE_VK」
  仕様につきましては 過去記事 を参照下さい。
  Sec_Chartに対応して修正したのみで、特に機能の変更はございません。


最近はMT5の記事が多かったのですが、今回で一区切りでしょうか。
利用価値の高いと思うものは、ほぼ移植できたかと思います。

個人的には未だMT4を主に利用しており、MT5のプログラムは興味本位での
対応となっています。
今のところ、積極的にMT5を利用する理由が無い気はしますが、何が起こるか
わかりませんので、移行の準備まではしておくことをおススメします。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。



 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


プロフィール

HT

Author:HT
優位性の種 をご提供
自由にご活用下さい
htfxjp@gmail.com

検索フォーム
オリジナルインジ一覧

カテゴリ
アーカイブ

全記事の一覧表示

最新コメント
FX業者
おススメ業者さん
MT4でトレードするなら
(練習にもオススメ)
MT4スプレッド

スキャル口座 におススメ
(いつも食品ありがとう)


オリコンランクNo.1
(ご馳走様です)


国内口座数No.1
(スプレッド安定)


MT4でスプ最狭
(デイトレにオススメ)
高速FX

定番
(ツール使い易い)
FXネオ(CM)

海外口座
(キャッシュバックがお得)


RSSリンクの表示
ブログランキング & PASS
応援クリックお願いします


にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ


クリックパス表示
PASS : XXXX

インジケーター販売
エントリーポイント表示用
HT_Endurance_Line
MT4記事 / MT5記事
HT_EL
DLmarketで購入

ブレイク検知プログラム
HT_Trigger 記事
HT_TR
DLmarketで購入

ポジション分布の視覚化
HT_Posi_Checker 記事
HT_PC
DLmarketで購入



節目ライン自動表示用
HT_Turning_Point
MT4記事 / MT5記事
HT_TP
DLmarketで購入

ターゲット表示プログラム
HT_Follow_Target 記事
HT_FT
DLmarketで購入



超短期スキャルピング用
HT_Sec_Chart
記事1 / 記事2 / 記事3
HT_SC
DLmarketで購入



初動を捉えるインジケーター
HT_Position_Hunter 記事
fx-on.com特集記事
【取扱説明書 Download】

≪USDJPY≫
HT_PH_USDJPY
DLmarketで購入

≪EURJPY≫
HT_PH_EURJPY
DLmarketで購入

≪EURUSD≫
(GBPUSD・AUDUSD同梱)
fx-onで購入
DLmarketで購入



検証用チャート同期ツール
HT_Chart_Sync
記事1 / 記事2 / 記事3
【参考動画】
(MT4・MT5同梱販売)
HT_CS
DLmarketで購入

Wパターン確認用プログラム
HT_W_Switch 記事
HT_WS
DLmarketで購入

ローソク足検証用プログラム
HT_BAR_DATA
記事1 /  記事2
HT_BD
DLmarketで購入



オリジナルインジケーターの
作成依頼も承っています。
お気軽にメールにてお問い
合わせ下さい。

htfxjp@gmail.com