MT4 チャートの同期(検証用プログラム)

アンケートコメントにて「複数時間足チャートを簡単に指定日時に右揃えしたい」との
リクエストを頂いていました。
実際に過去のチャート検証をした経験がある方であれば、私を含め誰もが思うこと
ではないでしょうか。

Build500番台の時は無理だったと思いますが、600番台で追加になった機能を
利用することで実現することができました。

MT4 Chart Sync

上記画像の左側が同期機能のみの体験版、右側が自動送り機能を含めた
有料版です。

HT_Chart_Sync_Trial_V00(機能限定版) ← ダウンロード
HT_Chart_Sync_Trial_V00-1(機能限定版) ← ダウンロード (ミス修正)

HT_Chart_Sync_Trial_V01-2(FULL機能体験版) ← ダウンロード(左クリック)
HT_Chart_Sync_Trial_V01-3(FULL機能体験版) ← ダウンロード(左クリック)
2014年12月14日までの体験版です。
それ以降はチャート立ち上げ後、約10秒間で消えるようになります。


(FULL機能体験版)
【MT4版】HT_Chart_Sync_Trial_V1.05 ← ダウンロード
【MT5版】HT_Chart_Sync_Trial_V1.05 ← ダウンロード
2017年7月7日までの体験版です。
それ以降はチャート立ち上げ後、約10秒間で消えるようになります。

Chart_Sync_Sample(正規版参考動画) ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


<体験版(機能限定版)>
1.インジケーターは同期元のチャートのみに入れればOKです。
  「Sync」というボタンが表示されます。

2.ボタンを押した状態の時のみ機能がONになります。
  ON状態で同期元チャートを動かすと、同じ通貨ペアを表示している
  他のチャートが同期して移動します。
  チャートのプロパティーで設定されている「チャートの右端移動」
  「チャートの自動スクロール」は強制的に解除されます。

3.チャートを同期させる時、再描画をさせています。
  特殊なインジケーターを利用している場合は、何かしらの影響が
  出る可能性がありますのでご注意下さい。


<有料版>
1.ボタン説明 (画像の黄色数字と照合して下さい。)
 ①同期のON/OFF切替ボタン
 ②1ピッチ進むボタン (パラメーターでピッチ変更が可能)
 ③1ピッチ戻るボタン (パラメーターでピッチ変更が可能)
 ④自動送り開始ボタン (再度押すと停止)
 ⑤自動送り停止ボタン
 ⑥自動送り速度倍率表示 (ボタンを押すと倍率リセット)
 ⑦自動送り倍率増加ボタン (1回押すと2倍になる)
 ⑧自動送り倍率減少ボタン (1回押すと1/2倍になる)
 ⑨パネル(①~⑧ボタン)の表示/非表示切替ボタン

2.倍率の表示は現実の時間に対する比です。
  例:×64 → チャートの64秒が約1秒の扱いとなります。
  同期されるチャートに表示されているインジケーターに計算量が多く重い
  ものがあると、倍率表示の速度で動作しなくなります。

3.ボタンの表示場所はパラメーターで変更可能です。

4.実際の操作性・動作状況については、参考動画をご確認下さい。


体験版のみでも検証作業に対しかなりの手助けになるのではないでしょうか。
気に入って頂けたら、有料版の導入につきましてもご検討下さい。
マーケットクローズ時の検証や練習作業の効率UPに貢献できるのでは
ないかと思います。

Chart_Sync
DLmarketで購入


引き続き、欲しいインジケーター(ツール)のアイデアをアンケートにて募集
していますので、お気軽にコメントを頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


表示快適化の修正

MT4 Build600番台になって、インジケーター計算のタイミングは色々と選択肢が
増えたのですが、特に有効活用できていませんでした。

「とりあえず使えるから良いか」という思いがあり、深く考えていなかったのですが、
残り時間表示を修正したのをきっかけに、他のインジケーターも少し真面目に
触ってみたところなかなか快適さが増したと思いますので、まとめて紹介させて
頂こうと思います。

MT4 チャートイベント

HT_V_Grid_V00-2 , HT_H_Grid_V00-2 ← ダウンロード
HT_V_Grid_V00-2-1 , HT_H_Grid_V00-2-1 ← ダウンロード(ミス修正)
HT_ALERT_LINE_V02-4 ← ダウンロード
HT_ALERT_LINE_VK00-2 ← ダウンロード
HT_Emotion_Record_V00-2 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.縦軸・横軸グリッド
  Tick更新時に加え、チャートをクリック又はキーボードを押した時にもデータを
  更新するように変更。
  チャートのスクロールに対し、違和感無く表示が追従するようになりました。
  Tick更新の無い休日にも表示が追従してくれます。


2.アラートライン
  マウス動作中にデータを更新させるよう変更。
  ラインをドラッグした時、違和感無く数値表示が追従するようになりました。


3.売買記録記号
 ①表示/非表示を切り替えできるボタンを設置しました。
  (地味でわかり難いかもしれませんが、チャート画面左下のグレーの四角が
  ボタンです。)

  チャート画面をキャプチャする時、コピー元のフォーマット表示は不要なので
  ワンタッチで消せるように一工夫してみました。

 ②Build600番台になり、チャート縦方向のピクセルデータを取得できるように
  なったので、その数値を縦の配置に利用。
  縦スケールを変えても行間がズレることが無くなりました。


4.その他
  先日紹介した HT_BAR_TIME_V02-4 の計算間隔パラメーター
  「Calc_Interval」ですが、初期設定を0.1から0.5に変更しました。
  0.1だと短過ぎるのか、悪影響が出そうな挙動を確認しましたので
  修正しました。


今回の修正は相場動作中の確認を未だあまりできていません。
気付き事項等が御座いましたら御一報頂ければと思います。
不具合が見つかった場合は、特に追加記事なしで本記事を修正して
バージョンアップするかもしれません。
(4/28追記:早速ミスに気付きGridを修正しました。)

Build600番台になって追加されたボタンを初めて使ってみました。
ボタンはアイデア次第でまだまだ有効な使い方がありそうな気がします。

引き続き、欲しいインジケーター(ツール)のアイデアをアンケートにて募集
していますので、お気軽にコメントを頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


リクエスト対応(3)

コメントやメール等にて頂いたリクエストの中で簡単に対応できたものをいくつか
紹介させて頂きます。
リクエスト内容に忠実でない対応もあるかもしれませんが御容赦下さい。

1.前日の始値・終値表示
MT4 HL-3

HT_High_Low_V00-3 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


既存のインジケーターに前日始値(YDO)・前日終値(YDC)を追加してみました。
パラメーターにて表示・非表示の選択ができます。
人によっては、トレードの参考になりますでしょうか。


2.売買記録記号インジケーターの修正
MT4 ER-1

HT_Emotion_Record_V00-1 ← ダウンロード


記号は使わないので、文字だけにしたいとの御要望がありましたので、
パラメーターで表示・非表示を選択できるように変更しました。

ちなみに記号は矢印オブジェクトではなく、テキストオブジェクト
にて「Webdings、Wingdings、Wingdings2、Wingdings3」等
の特殊フォントを利用して表示しています。


3.残り時間表示
MT5 BT Normal
MT5 BT Note

HT_BAR_TIME_V02-4 ← ダウンロード(MT4版)
HT_BAR_TIME_V00-1 ← ダウンロード(MT5版)


MT5でも利用したいとの御要望を受けて対応していたのですが、ついでに
数値の表示切替を滑らかにする変更を加えました。

変更前はサーバーからのティック情報を受け取るタイミングで同時にサーバー
時間を受け取り、時刻表示を変更していたので、数字の切り替り間隔が均等
でなく、見た目が気持ち悪かったと思います。
(MT4の場合、Build500番台までは仕様上そうするしかなかったと思われます。)

<パラメータ説明>
・Calc_Interval
   計算間隔を指定できます。初期値は0.1秒にしました。

・Time_Local
   trueを選択すると、PCの時間にサーバーとの時差を足した値を表示
   します。
   falseを選択すると、サーバーからの生データ表示になります。

・AUTO_Local_Adjust
   trueを選択すると、PCとサーバーの時間差を自動で計算し表示に反映
   します。
   falseを選択すると、「Manual_Adjust_Time」で指定した時差を
   PC時間に足して表示します。

・Manual_Adjust_Time
   手動での時差設定項目です(単位は秒)。
   AUTO_Local_Adjustがtrueの時に有効となります。
   (初期値はMT4 FXDDマルタ サーバーの場合の値です。)

サーバーからの情報と秒読み表示にズレが無いかは慎重に確認されることを
おススメします。
今回の時間表示変更により、個人的にはかなり快適さが向上したのですが
如何でしょうか。


引き続き、欲しいインジケーター(ツール)のアイデアをアンケートにて募集
していますので、お気軽にコメントを頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MAインジケーター再修正

MAインジ関係で追加のリクエストを頂きましたので、 HT_MULTI_MA
再修正しました。

MT4 マルチMA Perfect

HT_MULTI_MA_V00-3 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.MA5本の上下関係が順番通りに並び、傾きも全て一致した時にパーフェクト
  オーダーと判定します。(以前の仕様通り)
  パーフェクトオーダー時にアラートダイアログ及びメールにて知らせる
  機能を追加しました。
  知らせる時間間隔(秒)はパラメーター「**_Interval」で調整して下さい。

2.MAの種類を個別に設定できるように変更しました。


前回の記事でもお知らせしましたが、本インジケーターについての動作確認は、
あまり熱心に実施する予定はありません。
もし気付き事項等がございましたら、コメント欄又はメール等にて御指摘を
頂けると幸いです。

引き続き、欲しいインジケーター(ツール)のアイデアをアンケートにて募集
していますので、お気軽にコメントを頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


頂いたリクエストについて

先日ご案内させて頂きましたアンケートにて、いくつかリクエストのコメントを
頂きました。
取り急ぎ、簡単に対応できるものとして「MAにローソクタッチでアラーム」という
機能を既に紹介済みの HT_MULTI_MA に追加してみました。

MT4 マルチMA


HT_MULTI_MA_V00-2 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.パラメーター「MA*_Touch_Sound」で true を選択すると、指定MAに
  ローソクがタッチした時、パラメーター「Alert_Sound」で指定した
  サウンドが再生されます。

2.パラメーター「MA*_Touch_Alert」で true を選択すると、指定MAに
  ローソクがタッチした時、アラートのダイアログボックスが表示
  されます。
  (アラート用として標準で設定されている音も同時に鳴ります。)


実は現状の私はチャートにMAを表示していません。
本インジケーターについても細かい動作確認をする予定はありませんので、
何か動作不良が見つかりましたらメール等にて連絡を頂けるとありがたいです。


アンケートにお答え頂いた皆様ありがとうございます。
アイデアの中には共感できるものの即対応するのは困難なものもあったりします。
有用だと思われるものについては、随時対応を進めていきたいなと思います。

引き続き、欲しいインジケーター(ツール)のアイデアをアンケートにて募集
していますので、お気軽にコメントを頂ければと思います。



それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 チョコチョコ修正版

いくつかのインジに細かい修正をしましたので、まとめて紹介します。

【水平線関係】

Text修正

HT_ALERT_LINE_VK00-1 ← ダウンロード
HT_High_Low_V00-2 ← ダウンロード
HT_Pivot_V00-2 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


上記3種類についてBuild625用としてテキスト表示を最適化しました。
縦軸のスケールを変更しても配置が崩れないように変更。
特に機能上の変更はありませんが、その他も細部を地味に修正。

各インジケーターの仕様詳細については過去記事をご確認下さい。

 「アラートライン(別バージョン)」HT_ALERT_LINE_VK

 「高値・安値の表示」HT_High_Low

 「PIVOT表示インジケーター」HT_Pivot



【残り時間表示】

MT4残り時間

HT_BAR_TIME_V02-3 ← ダウンロード


詳細仕様については、過去記事 「ローソク足完成までの残り時間表示」 を参照下さい。

残り時間がパラメーターで指定した時間以下になると、時間表示の色を変化
させる仕様を追加しました。
M1~D1について、それぞれパラメーターにて時間(秒)を指定できます。

中長期の時間足が切り替るタイミングを見逃さない為の工夫です。
同時に複数チャートを監視している短期トレーダーにとっては、多少役に立つ
のではないかと思うのですが如何でしょうか。



それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


使用ソフトのアンケート結果 / アイデア募集アンケート

2014年2月17日から当ブログ左列部に
「主に今お使いのチャートソフトは何ですか?」
というアンケートを設置していました。
回答を下さった方々ありがとうございます。

投票数は少ないですが
 ・MT4(メタトレーダー4)  : 17
 ・MT5(メタトレーダー5)  : 5
 ・FX業者のチャートソフト  : 5
 ・その他            : 1
という結果でした。

そもそもMT4・MT5のインジケーターを紹介しているブログなので、予想通りの
結果だったのではないでしょうか。
やはりMT4がまだまだ多数派なのかなという印象です。

私は一時期MT5へ以降しかけたのですが、表示上の問題等が発生したので
現状はMT4をメインで使用しています。
安定性確保の為、サーバーは FXDD のリアル口座をメインとして使用し、サブ
として PepperstoneXM のリアル口座も準備してあります。

このまま余計なアップデート無しでMT4を使い続たいのですが、どうなります
でしょうか。


私は今までトレードをする上で自分の欲求を満たす為にインジケーターを作成
してきました。
必要だと思うものは一通り作ってしまったので、とりあえず現状は追加で欲しい
ものが無い状態です。

率直に言いますとインジケーターに対してネタ切れ状態です。
そこで、読者様からアイデアを募らせて頂こうかと思います。
何かメタトレーダーで実現して欲しいインジケーター又はツールに対する
アイデアがございましたら、当ブログ左列のアンケート欄にて気軽にコメントを
お寄せ下さい。
(アンケートコメントだと文字数が足りない場合は、ブログ記事のコメント投稿や
メール送信でも構いません。)

対応の保証はできませんが、手軽にできそうなものであれば挑戦してみようと
思います。
御協力頂けるとありがたいです。


【参考】
前々から少し欲しいなと思っているが、まだ作っていないツール。

1.ローソク足データ表示
  過去のローソクデータを指定した期間において確認・計算し結果を表示する。
   ①ローソク長さの最大値・平均値・分布率
   ②陽線・陰線連続出現回数及び頻度
   ③その他(リバウンド率、キリ番レート等節目での反発率)

  即トレードに役立つかは不明ですが、複数時間軸・複数通貨ペアを比較する
  ことで今まで気付かなかった特性等が見えてくる可能性を感じます。
  しかし、面倒なので後回しになり、まだ作っていません。


2.保有ポジション情報表示
  約定時間を水平線、約定価格を垂直線で指定すると
   ①保有時間
   ②約定後の価格振幅
   ③価格推移の平均値
  等の情報を表示する。

  表示データを利用して、逃げのルールを改善できないだろうかと想像して
  いるのですが、まだそこまで手が回らず保留中。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


優位性の次元について

ブレない行動を実現させる為にはできる限り明確な基準を設けて、実行可能な
ルールを準備することが必要となります。

そんな準備をしていたある時「優位性に単位をつけようとした場合どうなるのかな」
という疑問が脳裏をよぎり「強さを示す次元のみでは表現できないな」ということを
考えました。

例えば「上昇10Pipsが期待できる優位性」ではなく「30分程度で上昇10Pipsが
期待できる優位性」と表現されるべきではないかと思います。

優位性にはPips等で表現できる強さ要素だけでなく、時間の要素も含まれて
います。
ここが頭から抜けていると短期的な優位性に長時間固執し、既に発生している
反対方向への事実(値動き)から目をそらすことで痛い目にあったりします。
中長期の優位性(方向的なバイアス)に固執することで短期的なトレードに対する
機会損失が発生することも多くなります。

自分のトレードスタイル(狙う値幅・ポジション保有時間)に合わせて、重要視
する優位性を適切に選択し組合わせることが、後々で納得の行くトレードを実行
する為には不可欠と考えます。
出撃のきっかけとするべきトリガーをスタイルに合わせて限定し、待ち伏せする
ことが重要であり、スタイルに合わない動きに振り回されないことが肝要です。

「狙う波の性質(サイズ・リズム)」と「優位性を確認するトリガーの性質」を
マッチさせることでトレード時の行動をシンプルにすることができると思います。

ご自分のトレード記録を振り返り、エントリーの根拠としたトリガーの性質と
イグジットルールがマッチしていたか確認することをお勧めします。
イグジットにおけるバランス感覚を見直すことで、特に新しいシステムを導入
せずとも成績が改善される可能性があります。

自分都合の期待感ではなく、現在利用しようとしている優位性が根拠となり、
ロスカットの位置やイグジットの目標値は自ずと決まるはずです。
相場状況に従って行動を自動化することで精神的な負担も軽くなるのではない
でしょうか。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


ポジション分析インジケーター(有料)

私のインジケーターこねくりまわし時代のほとんどの時間を費やしたインジケーター
です。
本インジケーターについては、あまりにも労力を注ぎ込んでしまったこともあり
有料での提供とさせて頂きます。


USDJPY参考


HT_Position_Hunter 取扱説明書

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。

<概要>
少し値を動かす力を持った投機筋は、素人の損切りを狙って資金を投入して
きます。
それは自分達の投入した資金による値動きをきっかけに値が走れば、すぐに
利益が乗り効率が良いからです。

投機筋が参入してきそうな状況を観察し、その初動を捉えることを目的として
本インジケーターを作成しました。


<インジケーター詳細>
1.基本的な参入条件としてポジション位置を判断する為にインジケーターの
  フラクタルを利用しています。
  フラクタルポイントの数及び密度を分析し、もしその方向への値動きが
  有った場合に値が走り易い状況と判断すると赤と青の点を表示します。

2.値が走り易いだろう状況が整った上で、初動に相当する動きが発生した時
  にサインとして各種矢印マークを表示します。
  フラクタルポイントが密集した方向へ値が動き出した場合、そこでポジションを
  持っていた参加者の損切りを巻き込んだ動きが発生することを期待します。

3.サインを出すタイミングを計る条件毎に計6種類の矢印表示が有ります。
  基本的な環境条件は共通のプログラムです。
  全てを御利用されても良いですし、ご自分のスタイルに合うものを選択
  されても良いと思います。


<使用例>
1.M5チャートにインジケーターをセット。
2.サイン発生確認。(音が鳴ります。)
  ローソク足が確定する前はサインが消える可能性があります。
3.短期波の形状から引き付けの要否を判断。(裁量)
4.ロスカット設定位置を決定。(意味の有る値に設定すること)
5.ロスカット幅からポジションサイズを決定。
6.サイン確定後、必要に応じて引き付けたところでエントリー。
7.ご自分のルールに従いイグジット。
  狙う利益の目安としてはドル円で 5~20Pips 程度と考えています。


<注意事項>
①魔法の聖杯インジケーターではありません。
 独自の聖杯スタイル確立の為の基にはなるかもしれませんが、あくまで武器
 の中の一つでしかないと考えて下さい。

②本インジケーターは半自動/半裁量用です。
 中長期の相場環境認識を踏まえた上で利用することをお勧めします。

③サインが確定した時点で既に行き過ぎた状態となり、即時エントリーには
 優位性が薄い場合もあります。
 引き付けてからのエントリーを検討する等の裁量判断が必要となります。

④サインの1日の平均出現回数は単独通貨の場合、2~3回程度のイメージです。
 出現が0回の日もあります。

 興味を持たれた方は、参考として 最近の出現状況PDF をご確認下さい。
 バックテストでの検証結果から、一般的な通常の平均系インジケーターよりは、
 優位性を発揮できると考えていますが、利用価値についてはご自分の目で
 判断をお願いします。

⑤ドル円、ユーロ円、ユーロドル(ポンドドル、豪ドルドル同梱)の3種類
 があります。


 DLmarketで購入    DLmarketで購入    DLmarketで購入
fx-on.com で購入   fx-on.com で購入   fx-on.com で購入


以上、お役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


売買記録の補助

トレード技術を向上させて成績を安定させる為には、自分の欠点を改善していく
作業が不可欠だと思います。
欠点を確認する為には日々の売買記録を取り、過去の自分の行動を振り返る
必要があります。

そこで効率的に記録を残す為の補助プログラムを作ってみました。
特に斬新なアイデアが含まれているわけでもありませんが、興味のある方は
お試しあれ。
(少々マニアック過ぎるかな?)

MT4 Emotion

HT_Emotion_Record_V00 ← ダウンロード
HT_Emotion_Record_V00-1 ← ダウンロード (表示・非表示切替機能を追加)
HT_Emotion_Record_V00-2 ← ダウンロード (表示・非表示ボタンを追加)
HT_Emotion_Record_V1.00 ← ダウンロード (マーク表示形式変更)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.インジケーターを入れると常時左下に記録用のテキストが表示されます。
  必要に応じてコピーし、チャートに貼り付けて使用します。
  (ダブルクリックしてテキストをアクティブにした状態で、Ctrlキーを
  押しながらテキストをドラッグするとコピーできます。)

2.エントリー・イグジット・チャートからのサイン・感情等を記録する為に
  各種記号や文字を用意しました。
  記号にどの様な意味を持たせるかは御自由にどうぞ。
  文字についてはパラメーターにて内容を自由に変更可能です。


トレードした時の思考や感情の推移と損益結果を同時に観察することで、現状の
自分の傾向をつかみ易くなると思われます。
損益悪化の主要因を把握できれば、改善に必要な対策も見えてくるのではない
でしょうか。

相場に対して最低限必要な知識を得た後の成長は、小さな改善を積み重ねること
による地道なものになると思います。
本プログラムが成長スピードアップに少しでも貢献できれば嬉しいです。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


プロフィール

HT

Author:HT
優位性の種 をご提供
自由にご活用下さい
htfxjp@gmail.com

検索フォーム
オリジナルインジ一覧

カテゴリ
アーカイブ

全記事の一覧表示

最新コメント
FX業者
おススメ業者さん
MT4でトレードするなら
(練習にもオススメ)
MT4スプレッド

スキャル口座 におススメ
(いつも食品ありがとう)


オリコンランクNo.1
(ご馳走様です)


国内口座数No.1
(スプレッド安定)


MT4でスプ最狭
(デイトレにオススメ)
高速FX

定番
(ツール使い易い)
FXネオ(CM)

海外口座
(キャッシュバックがお得)


RSSリンクの表示
ブログランキング & PASS
応援クリックお願いします


にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ


クリックパス表示
PASS : XXXX

インジケーター販売
エントリーポイント表示用
HT_Endurance_Line
MT4記事 / MT5記事
HT_EL
DLmarketで購入

ブレイク検知プログラム
HT_Trigger 記事
HT_TR
DLmarketで購入

ポジション分布の視覚化
HT_Posi_Checker 記事
HT_PC
DLmarketで購入



節目ライン自動表示用
HT_Turning_Point
MT4記事 / MT5記事
HT_TP
DLmarketで購入

ターゲット表示プログラム
HT_Follow_Target 記事
HT_FT
DLmarketで購入



超短期スキャルピング用
HT_Sec_Chart
記事1 /  記事2
HT_SC
DLmarketで購入



初動を捉えるインジケーター
HT_Position_Hunter 記事
fx-on.com特集記事
【取扱説明書 Download】

≪USDJPY≫
HT_PH_USDJPY
DLmarketで購入

≪EURJPY≫
HT_PH_EURJPY
DLmarketで購入

≪EURUSD≫
(GBPUSD・AUDUSD同梱)
fx-onで購入
DLmarketで購入



検証用チャート同期ツール
HT_Chart_Sync
記事1 / 記事2 / 記事3
【参考動画】
(MT4・MT5同梱販売)
HT_CS
DLmarketで購入

Wパターン確認用プログラム
HT_W_Switch 記事
HT_WS
DLmarketで購入

ローソク足検証用プログラム
HT_BAR_DATA
記事1 /  記事2
HT_BD
DLmarketで購入



オリジナルインジケーターの
作成依頼も承っています。
お気軽にメールにてお問い
合わせ下さい。