残り時間表示プログラムを少し修正

ちょっとした変更だけですが、修正版を作成しましたので紹介します。

mt4 b time 5


HT_BAR_TIME_V02-5 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.時間表示がズレる不具合が有ったようなので修正しました。
  (MT4バージョンアップが関係?)

2.垂直ラインを描画するとチャートの上端部分に日本時間を表示する機能を
  追加しました。
  (アイデアは先人のパクリです。)





ついでに HT_Position_Hunter_USDJPY
5月1日から昨日までのサイン出現状況を御紹介します。
(下記は代表で5月6日の画像を掲載)

ph0506

5月のサイン参考画像PDF ← ダウンロード(左クリック)


当然100%の結果とはなりませんが、狙い方次第で利益を残す戦略を
組み立てられる気がします。
武器の一つとしてお勧めします。

御興味のある方は HT_Position_Hunter 取扱説明書 をご覧下さい。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


ラインの同期プログラム

同じ通貨ペアの他の時間軸のチャートとラインを共有するプログラムを作成して
みましたので、紹介させて頂きます。

MT4 LS0

HT_Line_Sync_V00 ← ダウンロード (即時反映)
HT_Line_Sync_V01 ← ダウンロード (オブジェクト追加)
HT_Line_Sync_VR01 ← ダウンロード (サブウィンドウ不具合修正)

HT_Line_Sync_V00-1 ← ダウンロード (ティック更新で反映)
HT_Line_Sync_V01-1 ← ダウンロード (オブジェクト追加)
HT_Line_Sync_VT01 ← ダウンロード (サブウィンドウ不具合修正)
HT_Line_Sync_VT01-1 ← ダウンロード (同期種類追加)
HT_Line_Sync_VT01-2 ← ダウンロード (同期種類追加)
HT_Line_Sync_VT01-3 ← ダウンロード (チャネル追加)
HT_Line_Sync_VT1.04 ← ダウンロード (表示選択対応)
HT_Line_Sync_VT1.05 ← ダウンロード (動作速度改善)
(ダウンロードしたいファイルを左クリックして下さい。)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.ラインを操作する時間軸のチャートには全てインジケーターをセットして下さい。
  インジケーターがセットされていないと、表示は同期されますが編集等が他の
  チャートに反映されません。

2.機能
 ①水平線又はトレンドラインを1つの時間軸で描画すると、他の時間軸の
  チャートにも同じラインが作成されます。

 ②作成されたラインはどのチャートで移動・編集・消去しても、自動で他のチャート
  へ反映されます。

3.パラメーターで設定されたキーワードがオブジェクト名に含まれていた場合に
  処理を実施する仕様です。
  特定のラインにのみ処理を実施したい場合は、キーワードを変更して使用して
  下さい。

4.ラインの作成及び消去の動作を即時反映するバージョンとティック更新の
  タイミングで反映するバージョンを作成しました。
  その他インジケーターとの相性を考慮して選択して下さい。

 <即時反映 Ver.>
  タイムラグが無く快適な操作となるのですが、オブジェクト数の多い
  インジケーター等を他に利用している場合は、動作が重くなる可能性が
  あります。
  重くならない様であれば、こちらの使用をお勧めします。

 <ティック更新 Ver.>
  私の環境では、即時反映 Ver.は動作が少々重くなったので作成しました。
  機能としては同じですので、軽さを求める方はこちらをお勧めします。

  軽くする検討をしている際、縦グリッドプログラムに軽くする為の修正を加え
  ました。
  特に機能変更はありませんが、最新版が欲しい方はどうぞ。

  HT_V_Grid_V00-2-2 ← ダウンロード


気を付けないとラインだらけになりますが、環境認識作業の効率UPに貢献
できるのではないでしょうか。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


トレーリングストップの補助

FXトレードを始めた当初は、FX業者の取引ツールに搭載されている固定Pips
指定でのトレーリングストップ注文を多用していました。
確かに都合の良い値動きが発生してくれた場合、トレールストップにかからず利が
伸びてくれることはあります。
しかし、繰り返し利用してトータルで考えた場合は、そう上手くいかず、逆に収益へ
悪影響を与えると考えて現在はほぼ利用していません。

EAの検証をしていた時期には、ATRの値を利用してトレールPips幅を変動させる
プログラムも試してみました。
固定Pipsよりは良い結果が得られるものの、実際に利用したいと思える程では
ありませんでした。(あくまで個人的見解です。)

そのような感じでトレールについては、ほとんど期待していなかったのですが、
いくつかの場所で紹介されている「利益×パーセント」まで逆行されたらEXIT
というパーセントトレールはそれなりに使えるのではないかと考えています。

ということで、角度指定ラインを利用したアラートラインにパーセントトレール
を利用したEXIT参考ライン機能を追加してみました。
(読者様からのリクエストも一部反映しました。)

MT4 トレールライン

HT_ALERT_LINE_VA01 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.アラートラインの機能については、過去記事
  「角度指定トレンドラインを短期水平線に利用」
  を参照下さい。

2.アラートラインがダブルクリックされてアクティブになっている時のみ
  トレール情報表示の機能を果たします。
  
3.アラートラインの始点を約定価格に合わせると、そこから現在価格の側を
  ポジションの方向と判断し、最大含み益のポイントを確認します。
  パラメーターで設定したパーセントを最大含み益に掛けた位置へトレール
  ストップ用のラインを表示します。
  (フィボナッチリトレースメントのライン1本を自動で引いてくれるような
  イメージです。)
  初期設定では最大含み益×50%の位置にラインを引く仕様としています。

4.約定価格からストップラインまでのPips数値を表示します。
  現在価格がストップラインの内側に入ると数値の色が変化します。

5.チャート上の全ての角度指定ラインに同じ処理をする仕様でしたが、
  「機能の組合せを変えたものを同時に使用したい」とのリクエストを
  頂き、色によるパターン指定機能を追加しました。

  (1)パラメーターにて5種類の色を指定できます。
   指定色のラインを描画すると、そのラインに対してはパラメーター
   で個別に設定した処理が実行されます。
   指定されていない色に対しては、従来通り処理が実行されます。

  (2)各指定色に対して個別設定ができる機能は下記の4種類です。
   ・現在価格までのPips 表示/非表示
   ・ライン自動延長機能 ON/OFF
   ・ラインタッチでのアラート音設定 ON/OFF
   ・パーセントトレール機能 ON/OFF


パーセントトレールは通常の利確目標設定と合わせて利用することをお勧め
します。(目標達成 or トレールラインタッチでEXIT)
何Pips程度順行したら発動するかは、トレードスタイルに合わせて決めて下さい。

パーセントトレールの利点としては
 ①自分都合ではなく、相場都合の利確を実現し易い。
 ②トリガーの性質を無視して意味無く長期間ホールドするトレードが減る。
 ③ハマると、とことん利を伸ばすことができる。
 ④粘ってプラスをマイナスにしてしまうパターンが減る。
 ⑤あきらめが良くなる。(固執の感情が減る。)

欠点としては
 ①以前は伸ばせていたパターンも微益で終了する回数が増える。
 ②利食いが遅れた形に見えるパターンが増える。

という感じでしょうか。

トレードスタイルにより、向き/不向きはあるかもしれませんが、未経験の方は
成績に改善が見込めるか検証してみては如何でしょうか。

納得できる利食いルールを構築するのは、非常に困難な作業です。
何かしらのヒントを得るきっかけにでもなれば良いなと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


本質的な難しさの理解

素人が好きなように気の向くまま値ごろ感でトレードを繰り返すと、必ず負けると
断言できます。

一時的に勝つことはできても、継続的なトータルプラスは実現できません。
それは手数料を超える優位性の確保が難しいことに加え、通常の日常生活で
培ってきた常識や感覚が収益に悪影響を与えるからです。
(一部の特殊な変人は除きます。)

勝ち続けるには、優位性が確保されたルールに従った行動を継続する必要が
あるのですが、そのルールというものは通常の感覚からすると、儲かる気が
しないものになったりします。
相場での正解は一般社会での常識からすると、受け入れ難かったりする
ものです。

相場の世界というのは何故このように、なじみ難いものなのかを少しでも理解する
為の手助けとして下記の書籍を紹介します。
数学の苦手な方は生理的に拒否反応を示すかもしれませんが、難しい数式等は
出てきませんので安心して下さい。



歴史は「べき乗則」で動く
種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学


鏡の伝説
カオス・フラクタル理論が自然を見る目を変えた




どちらもトレードとは直接関係の無いものですが、相場の世界全体としての
性質や特徴を把握する手助けになればと思います。
上記2冊は、その手の本の中では比較的読み易い部類だと思いますが、別に
こだわる必要はなく、他の類似図書でも構いません。

要は「感覚的なズレが生じ易い理由」を理解し受け入れることが重要だと
思います。
予想・予測の難しさの本質的な意味が分かることで、1回のトレードに対して
固執する気持ちが薄らぐのではないでしょうか。


理解し難い性質を持つ相場に対峙する為には、明確なルールを設定しトレードを
単純化することが必要と考えます。
最終的には地道にご自分のトレード記録を分析して、基準を完成させる必要は
ありますが、基準作りの補助としては「HT_Position_Hunter」をお勧めします。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 四角オブジェクトの自動延長

四角オブジェクトで表現したゾーンの自動延長プログラムMT5版を紹介します。
(MT4版にも一部修正を加えました。)

MT5 ゾーン延長


HT_Zone_Extend_V00 ← ダウンロード (MT5版)

HT_Zone_Extend_V00-2 ← ダウンロード (MT4版)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.仕様詳細につきましてはMT4版の過去記事
  「四角オブジェクトの自動延長プログラム」
  を参照下さい。

2.パラメーターのキーワード(初期値:e)を空白にした場合、全ての
  四角オブジェクトに自動延長が適用されるようにしました。

3.延長停止は「ヒゲを含まないローソク終値」を基準の条件としていましたが、
  パラメーターにて「ヒゲを含めた高値・安値」を基準とするモードも
  選択可能としました。


いくつかアンケートにてコメントを頂いているのですが、対応できていなくて
すいません。
但し、過去記事「平均系インジケーターの罠」
でも紹介した通り、計算式に時間軸が利用されている一般的なインジケーター
をこれ以上こねくりまわす予定はありません。

過去には「MA、ボリンジャーバンド、CCI、MACD、ストキャス、ADX、RSI」等が
好きで、別窓にマルチタイムフレーム情報を表示させたり、EAの条件として
組み込んで検証を繰り返したりしましたが、今はこれらのインジケーターは、
ほぼ役に立たないものであると思っています。
優位性ゼロとまでは言いませんが、有るとしても無視して良い様なおまじない
レベルであると考えています。

基本的にトレードの根拠としては価格情報を直接利用するべきです。
短期トレードで重要なのは、直近の買いと売りの勢力バランスを読み解くことです。
ご自分の狙う値幅に適したトリガー(勢力バランスの崩れ・偏り)を待ち、リスクが
許容できる状況が整えばエントリーすれば良いのではないでしょうか。


引き続き、欲しいインジケーター(ツール)のアイデアをアンケートにて募集
していますので、お気軽にコメントを頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 新アラートラインと引き付けゾーン

MT4で紹介済みのインジケーター3件のMT5版を作りましたのでまとめて
紹介します。

MT5 AL_VA

HT_ARERT_LINE_VA00 ← ダウンロード
HT_Spread_Mark_V00 ← ダウンロード
HT_Attract_Zone_V00 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.角度指定トレンドラインを利用したアラートライン
 仕様についてはMT4版の過去記事
 「角度指定トレンドラインを短期水平線に利用」
 を参照下さい。


2.スプレッド差表示マーク
 仕様についてはMT4版の過去記事
 「スプレッド差分の表示ライン」
 を参照下さい。


3.チャネルバンドでの引き付けゾーン表示
 仕様についてはMT4版の過去記事
 「引き付け補助インジケーター」
 を参照下さい。


プログラムは都合によりMT4版と一部異なる記述になっています。
機能的にはほぼ同じですが、描画タイミング等は微妙に違うことがあります。

基準作りの一助にでもなれば良いなと思います。
使い方次第で有効活用できるのではないでしょうか。


引き続き、欲しいインジケーター(ツール)のアイデアをアンケートにて募集
していますので、お気軽にコメントを頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 スプレッド差分の表示ライン

現在価格からスプレッド分オフセットした位置にラインを表示するプログラムを
作ってみましたので紹介します。

MT4 SP_Mark

HT_Spread_Mark_V00 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.チャート上の現在価格(Bid)ラインの上下に小さいマーク(ライン)を表示します。
  マークの長さ・色はパラメーターにて変更可能です。

2.マークと現在価格ラインとの距離は、パラメーターで設定したスプレッドの
  数値となります。
  主要と思われる8通貨ペアを個別に設定可能としました。
  初期設定値は仮に現状のJFXの数値としました。
  スリッページ等の手数料を考慮し、スプレッド数値を割り増ししても良い
  かもしれません。


かなり地味ですが、スキャルピングをされる方であれば、何かしら役立つのでは
ないでしょうか。
私はパラメーターを FXDD のUSDJPYスプレッド(0.6Pips)に設定して、
M1チャートにのみ参考として表示しています。

突っ込んだ位置で焦ってポジションを取ると損益分岐点がレジサポの向こう側
という事態に陥りかねません。
常に最低限の目標地点を視覚的に確認できることは、引き付け不足対策として
意味があるのではないかと思います。


引き続き、欲しいインジケーター(ツール)のアイデアをアンケートにて募集
していますので、お気軽にコメントを頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


角度指定トレンドラインを短期水平線に利用

メタトレーダーには角度を指定して描画するトレンドラインがあるのですが、
縦軸の縮尺を固定しないと意味を成さない代物であり基本的に使えません。

もったいないので、角度を強制的に 0 にして短期水平線として利用する
プログラムを作ってみました。

MT4 AL VA

HT_ALERT_LINE_VA00 ← ダウンロード
HT_ALERT_LINE_VA01 ← ダウンロード (トレールライン機能追加)
HT_ALERT_LINE_VA01-2 ← ダウンロード (仕様切替ボタン機能追加)
HT_ALERT_LINE_VA01-3 ← ダウンロード (条件修正)
HT_ALERT_LINE_VA01-4 ← ダウンロード (反発サイン機能追加)
HT_ALERT_LINE_VA01-5 ← ダウンロード (アップデート対応)
HT_ALERT_LINE_VA1.06 ← ダウンロード (Build 788対応)
HT_ALERT_LINE_VA1.061 ← ダウンロード (新規作成時の処理修正)
(ダウンロードするファイル名を左クリックして下さい。)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.インジケーターをセットするとチャート上の全ての角度指定トレンドライン
  を強制的に水平にします。
  (パラメーターの「Keyword」で指定されている文字が含まれたオブジェクト
  を対象とします。)

2.パラメーターにて
  ・Distance_Text : 現在価格とのPips差テキストの表示(ON/OFF)
  ・Auto_Extend  : ラインの自動延長(ON/OFF)
  ・Extend_Point  : ラインの延長位置
  ・Alert_Sound  : ローソク通過時の音設定(ON/OFF)
  等が指定できます。


角度指定トレンドラインを角度を付けて使いたい方には不向きなプログラムですが、
普段から短期水平線を意識している方には有用ではないでしょうか。
お好みのパラメーター設定で利用して頂ければと思います。





ちょっとでき過ぎの感じもありますが、HT_Position_Hunter_USDJPY
昨日のサイン出現状況を御紹介します。

PH 0507


御購入者の方は、有効に活用できましたでしょうか。
私はほんの少ししか活かせませんでした。

全てのチャンスを物にすることは難しいですが、武器の一つとしてお勧めです。
御興味のある方は HT_Position_Hunter 取扱説明書 をご覧下さい。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 HT_Fractalsの修正

アンケートにてリクエストを頂き、HT_Fractals の内容を修正してみました。
ほとんど機能UPはできていませんが、お好きな方はどうぞ。

MT4 FRA4

HT_Fractals_V04 ← ダウンロード
HT_Fractals_V4.02 ← ダウンロード(左クリック)(パラメーター追加)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.内容詳細については過去記事 「サポート&レジスタンスの自動表示」
  参照下さい。

2.Build600番台になり利用できるバッファ数が 8 から 512 に増えたので、
  6ヶに分けていたファイルを1つにまとめました。
  (ついでに総バッファ数を 48 から 64 へ増やしています。)

3.色はパラメーターでまとめて変更可能になりました。

4.レジスタンス/サポートラインをリセットする条件をパラメーター
  「RESET_PRICE」にて下記の2種類から選択可能としました。
  ①Close_Price    : ラインを終値が通過     (上記チャート画像の上側)
  ②High_Low_Price : 高値・安値がラインを通過 (上記チャート画像の下側)

MT4 FRA4 PARA


過去記事にも書きましたが、本インジケーターが私の一番のお気に入りです。
細かく表示するとラインが多くなり、見難くなるのが欠点ですが、意味のある
ラインを認識できるようになれば武器になると思います。

有料で御紹介している 「HT_Position_Hunter」 でもメインの条件として
本インジケーターの分布状況を利用しています。

皆様の独自のエッジを見つける為の手助けになれば良いなと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 こだわりの矢印/ゾーン延長修正

大した需要が無いかもと思いつつも、矢印プログラムをそれなりに苦労して
修正しました。
ついでにゾーン延長プログラムの修正版も紹介します。

1.ゾーン延長インジケーター

MT4 zone-1

HT_Zone_Extend_V00-1 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


①ゾーンの縦幅Pipsを表示するテキストをセンター配置に修正しました。

②ゾーン内に現在価格が入るとゾーンオブジェクトの色を変化させる
 機能を追加しました。




2.矢印インジケーター

MT4 VECTOR2

MT4 VECTOR2 PARA

HT_VECTOR_V02 ← ダウンロード


①本インジケーターはフィボナッチアークというオブジェクトを利用しています。
 必要な初期設定については、過去記事「MT4でもMT5のような矢印が
使いたい(小ネタ)」
を参照下さい。

②Build600番台で追加になった機能を利用し、違和感無く表示ができるように
 なりました。

③パラメーター設定により、矢印部の形状を線や三角形から選択できるように
 しました。


Build600番台にアップデートされた際、MT5に有ったオブジェクトの
いくつかがMT4でも使えるようになったのですが、肝心の矢印オブジェクト
は追加されませんでした。
そもそもあまり需要がないということなのかもしれません。

完全に個人的見解ですが、矢印オブジェクト以外でMT5をうらやましいと思う
要素がありません。
そのコンプレックスを解消する為、ムキになって対応した甲斐が有り、
MT5の矢印に遜色ない仕上がりになったのではないでしょうか。
(少々くだらないことに時間を使ってしまった気もしますが・・・)


引き続き、欲しいインジケーター(ツール)のアイデアをアンケートにて募集
していますので、お気軽にコメントを頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


プロフィール

HT

Author:HT
優位性の種 をご提供
自由にご活用下さい
htfxjp@gmail.com

検索フォーム
オリジナルインジ一覧

カテゴリ
アーカイブ

全記事の一覧表示

最新コメント
FX業者
おススメ業者さん
MT4でトレードするなら
(練習にもオススメ)
MT4スプレッド

スキャル口座 におススメ
(いつも食品ありがとう)


オリコンランクNo.1
(ご馳走様です)


国内口座数No.1
(スプレッド安定)


MT4でスプ最狭
(デイトレにオススメ)
高速FX

定番
(ツール使い易い)
FXネオ(CM)

海外口座
(キャッシュバックがお得)


RSSリンクの表示
ブログランキング & PASS
応援クリックお願いします


にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ


クリックパス表示
PASS : XXXX

インジケーター販売
エントリーポイント表示用
HT_Endurance_Line
MT4記事 / MT5記事
HT_EL
DLmarketで購入

ブレイク検知プログラム
HT_Trigger 記事
HT_TR
DLmarketで購入

ポジション分布の視覚化
HT_Posi_Checker 記事
HT_PC
DLmarketで購入



節目ライン自動表示用
HT_Turning_Point
MT4記事 / MT5記事
HT_TP
DLmarketで購入

ターゲット表示プログラム
HT_Follow_Target 記事
HT_FT
DLmarketで購入



超短期スキャルピング用
HT_Sec_Chart
記事1 /  記事2
HT_SC
DLmarketで購入



初動を捉えるインジケーター
HT_Position_Hunter 記事
fx-on.com特集記事
【取扱説明書 Download】

≪USDJPY≫
HT_PH_USDJPY
DLmarketで購入

≪EURJPY≫
HT_PH_EURJPY
DLmarketで購入

≪EURUSD≫
(GBPUSD・AUDUSD同梱)
fx-onで購入
DLmarketで購入



検証用チャート同期ツール
HT_Chart_Sync
記事1 /  記事2
【参考動画】
(MT4・MT5同梱販売)
HT_CS
DLmarketで購入

Wパターン確認用プログラム
HT_W_Switch 記事
HT_WS
DLmarketで購入

ローソク足検証用プログラム
HT_BAR_DATA
記事1 /  記事2
HT_BD
DLmarketで購入

オリジナルインジケーターの
作成依頼も承っています。
お気軽にメールにてお問い
合わせ下さい。