インジケーター Fractals について

私がお気に入りのインジケーターに利用している Fractals関数 ですが、
「何となく山谷がチャートで発生するとサインが出る」というレベルでしか理解されて
いない方も多いのではないでしょうか。

プログラムの内容を読み解かないと出現条件の細かいところまでは理解でき
ません。
詳細を知っているからといって急に勝てる様になる訳ではありませんが、
自分の使う武器については最小単位まで分解して、内容を確認しておくべき
だと思います。

という訳で、今回はメタトレーダーに標準搭載されている Fractals について
少し掘り下げて紹介してみようと思います。

Fractals M15

1.サインは上と下の2種類
 ①高値の配列条件が揃った時に出るもの(小さい山を形成)
 ②安値の配列条件が揃った時に出るもの(小さい谷を形成)


2.サインの出現条件
 ①ローソク5本・6本・7本・8本・9本の5種類のパターンがある。
 ②サイン表示ローソクから未来側の2本までを計算に利用している。

各パターンの詳細条件については、下記PDFをご確認下さい。
Fractals詳細 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


3.Fractalsの用途
ダウ理論に基づいて相場の環境認識をする際、チャートを山谷で形成される波
として捉える必要があると思います。
しかし山谷の条件が明確に定義できていないと、波の見え方にバラツキが
生じてしまい環境認識がブレてきます。
ブレの少ない環境認識を実現させる為に複数時間軸を考慮した Fractals
の活用は有効だと考えています。


4.実戦での活用
標準搭載されている Fractals は点のみの情報であり、サイン出現位置は
画面に表示されている範囲でしか把握できません。
山谷の価格情報を線として表示する為に「HT_Fractals」を作成しました。
複数時間軸に表示することでスムーズな環境認識が可能になると思います。


5.Fractalsの応用
「HT_Fractals」におけるラインの分布状況等を利用することで発展させたものが
応用編インジケーターとなります。

 ① HT_Position_Hunter
  フラクタルラインの分布状況を確認し、ポジションをロスカットする動きが
  発生する可能性が高まったと予想される時にサインを表示します。

 ② HT_Trigger
  フラクタルラインのブレイクをきっかけとし、トレンドフォローをするべき波の
  候補が発生したことをサインとして表示します。

 ③ HT_W_Switch
  出現したフラクタルサインの配置から、「切り上げ」「切り下げ」を認識し
  サインを表示します。

複数時間軸のチャートを利用して環境認識を実施し、その内容と各種サインを
組合わせることで、安定したルールの構築を実現して頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


Position Hunter へのお問い合わせ

メールにて HT_Position_Hunter の最近のサイン出現状況が知りたい
とのリクエストを頂きました。
6月分のサイン出現状況PDFをUPしましたので興味ある方はご確認下さい。

PH USDJPY0609


USDJPYのサイン出現状況(2014年6月) ← ダウンロード(左クリック)
EURJPYのサイン出現状況(2014年6月) ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。

皆様のルール構築の助けになれば良いなと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


通貨ペアの再合成

FXの通貨ペアはドルと直接取引するドルストレートとドルを経由して取引される
クロス通貨がありますが、「ドル以外の通貨を経由して計算した場合はどうなる
のだろう?」という興味から今回のインジケーターを作ってみました。

MT4 CB00

HT_Cross_Balance_V00 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.通貨は USD、EUR、JPY、GBP、AUD を組合わせた全10ペアを対象と
  しています。
  全10ペアのデータが事前に読み込まれていないと、正常な値が表示され
  ません。

2.他の通貨を経由して計算した価格と実際の価格の差を表示します。
  例:ポンド円の場合の計算式 (終値で計算)
   赤ライン = GBPJPY - GBPUSD × USDJPY
   青ライン = GBPJPY - EURJPY ÷ EURGBP
   黄ライン = GBPJPY - GBPAUD × AUDJPY
  計算に利用している通貨ペアはインジケーターウィンドウの左上に表示して
  います。


ざっと見たところ、早朝や経済指標発表前は大きくズレが生じるようです。
他にも何がきっかけなのか不明なズレがたまに発生しています。

意図的にズラされているのか? 成行上ズレてしまうのか?
実際のトレードに活かせるかは、ご自分で判断をお願い致します。
使えそうな優位性が見つかった場合は、こっそり教えて下さい。

もしご自分でプログラムされる際は「通貨ペア毎にバーの本数は異なることがある」
ということにご注意下さい。





以前ご紹介した下記プログラムの販売を開始しましたので、興味のある方は
ご検討をお願い致します。

HT_Trigger (トリガー確認用プログラム)
HT TR LOGO
DLmarketで購入

HT_W_Switch (Wパターン確認用プログラム)
HT WS LOGO
DLmarketで購入

根拠の弱い状況でトレードして失敗を繰り返している方には特にお勧めです。
安定したルール構築の助けになると思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


通貨ペアの強さ表示

本ブログを訪問されている読者さんの中には、複数通貨監視に興味のある方が
それなりにおられるようなので、久しぶりにそちら系のインジも紹介させて頂こう
かと思います。

以前 「通貨ペアの選択」 という記事で紹介したインジを修正しました。
基本的な仕様については過去記事を参照下さい。

MT4 CU RANK 01

HT_Currency_Rank_V01 ← ダウンロード(左クリック)
HT_Currency_Rank_V1.01 ← ダウンロード(左クリック)(矢印フォント選択機能追加)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.通貨ペアを追加し10ペアとしました。(EURGBP、EURAUD、GBPAUD)
  全組合せを表示しないとランク表示に違和感が出るので修正しました。

2.総合評価を矢印の色と方向で表示する機能を追加しました。
  短期・中期・長期のランクにポイントを付けて積算し、総合評価を計算して
  います。
  -12 ~ +12点で評価しています。(ランク1位が4点)

  ①矢印の色と切替レベルはパラメーターで調整できます。
   4段階切替となっています。
   (各レベルは0~12の数値で設定して下さい。)

  ②0点が角度0度、12点満点が角度90度となるように矢印を傾けています。


計算期間の初期設定は短期トレード向けになっています。
中長期の波を狙うのであればパラメーターの変更が必要だと思います。

本インジケーターはメインで利用するというよりもフィルター的な用途が適している
のではないかと思います。
今現在、最もどの通貨がどの通貨へ流れているのかが視覚的に把握できるので、
相場観構築の助けになるのではないでしょうか。





通貨ペアランキング情報の優位性確認用として、別ウィンドウに過去状況を表示
するものも作ってみました。

MT4 CU B 00


HT_Currency_Balance_V00 ← ダウンロード(左クリック)

1.短期・中期・長期の状況を3段で表示します。
  (上から短期・中期・長期)

2.チャートで表示している通貨ペアのランク1~4を色で表現しています。
  ランク上位になるほど明るい色にしているつもりです。
  初期設定では上昇が赤系統、下降が青系統になっています。

3.ランクにポイントを付けて積算した値の絶対値がパラメーター
  「ENTRY_LEVEL」を超えた時、4段目に矢印を表示します。


本インジケーターは作成して間もない状態で、能力の詳細までは把握して
いません。
パッと見の雰囲気では、矢印発生後に押し目・戻り目を狙う感じが良いのかな
という印象です。

計算量が多いせいか、計算バーの数を多くすると時間軸切替動作等が遅く
なるかもしれません。
検証時以外は「BarsToCount」の数値を最低限に設定することをお勧めします。

過去データでの検証を実施した上で独自の利用方法をご検討下さい。
オリジナルルール構築の手助けになればと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


キャッシュバック利用でお得に海外口座

前回記事でも紹介しましたが、FXDDソードフィッシュ口座のスプレッドが広がって
しまい残念だなと思いつつ、ネットで改善策を探っていたところ、海外口座の
キャッシュバックシステムというものに辿りつきました。



他にも同様のサービスはあるのですが、このようなサイト経由で口座を開設すると、
取引量に応じてキャッシュバックが受けられるので、実質のスプレッドが安く抑え
られるとのこと。

FXDDの場合、既に口座開設済でも追加口座をキャッシュバックサイト利用希望
として開設することで利用可能となりました。
(詳細はキャッシュバックサイトの口座開設マニュアルを参照下さい。)

FXDDだと全トレードに対し 0.75Pips がキャッシュバックされます。
現状のソードフィッシュのドル円スプレッドが 約1.2Pips なので、
実質は 約0.45Pips となるはずです。
(以前の水準である 約0.6Pips の時にキャッシュバックサイトを経由していれば、
実質スプレッドはマイナス。これが急にスプレッドの上がった原因?)

10万通貨のトレードを10回行うと、¥7,650 のキャッシュバックとなります。
同値撤退 = 0.75Pipsのスキャル貯金が成功というイメージになるのでしょうか。
取引量が多い方にとっては、なかなかバカにならない額になると思われます。

獲得キャッシュバック額の状況は翌月25日にならないと反映されないそうなので、
手元に届くのはまだ先ですが今から楽しみです。

以前からこのようなシステムの存在には気付いていたのですが、深く考えず
スルーしていました。
早く気付いていれば、これまでの取引分でもキャッシュバックがもらえていたと
思うと少々残念です。

海外口座を試してみたいけどスプレッドが広くて躊躇されていた方もキャッシュ
バックを利用することで、それほど違和感無く利用できると思います。
この機会にハイレバレッジの世界を体験してみては如何でしょうか。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。




 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


プロフィール

HT

Author:HT
優位性の種 をご提供
自由にご活用下さい
htfxjp@gmail.com

検索フォーム
オリジナルインジ一覧

カテゴリ
アーカイブ

全記事の一覧表示

最新コメント
FX業者
おススメ業者さん
MT4でトレードするなら
(練習にもオススメ)
MT4スプレッド

スキャル口座 におススメ
(いつも食品ありがとう)


オリコンランクNo.1
(ご馳走様です)


国内口座数No.1
(スプレッド安定)


MT4でスプ最狭
(デイトレにオススメ)
高速FX

定番
(ツール使い易い)
FXネオ(CM)

海外口座
(キャッシュバックがお得)


RSSリンクの表示
ブログランキング & PASS
応援クリックお願いします


にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ


クリックパス表示
PASS : XXXX

インジケーター販売
エントリーポイント表示用
HT_Endurance_Line
MT4記事 / MT5記事
HT_EL
DLmarketで購入

ブレイク検知プログラム
HT_Trigger 記事
HT_TR
DLmarketで購入

ポジション分布の視覚化
HT_Posi_Checker 記事
HT_PC
DLmarketで購入



節目ライン自動表示用
HT_Turning_Point
MT4記事 / MT5記事
HT_TP
DLmarketで購入

ターゲット表示プログラム
HT_Follow_Target 記事
HT_FT
DLmarketで購入



超短期スキャルピング用
HT_Sec_Chart
記事1 / 記事2 / 記事3
HT_SC
DLmarketで購入



初動を捉えるインジケーター
HT_Position_Hunter 記事
fx-on.com特集記事
【取扱説明書 Download】

≪USDJPY≫
HT_PH_USDJPY
DLmarketで購入

≪EURJPY≫
HT_PH_EURJPY
DLmarketで購入

≪EURUSD≫
(GBPUSD・AUDUSD同梱)
fx-onで購入
DLmarketで購入



検証用チャート同期ツール
HT_Chart_Sync
記事1 / 記事2 / 記事3
【参考動画】
(MT4・MT5同梱販売)
HT_CS
DLmarketで購入

Wパターン確認用プログラム
HT_W_Switch 記事
HT_WS
DLmarketで購入

ローソク足検証用プログラム
HT_BAR_DATA
記事1 /  記事2
HT_BD
DLmarketで購入



オリジナルインジケーターの
作成依頼も承っています。
お気軽にメールにてお問い
合わせ下さい。

htfxjp@gmail.com