MT4 アラートラインと矢印プログラムの修正

今回は、私の個人的な好みを反映したちょっとした機能追加のみとなっています。

MT4_AL_KA_VT

HT_ALERT_LINE_VA01-2 ← ダウンロード(左クリック)
HT_ALERT_LINE_VA01-3 ← ダウンロード(左クリック)(条件修正)

HT_ALERT_LINE_VK01-1 ← ダウンロード(左クリック)
HT_ALERT_LINE_VK01-2 ← ダウンロード(左クリック)(条件修正)

HT_VECTOR_V02-3 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.アラートライン(短期水平線)
 ①角度指定トレンドラインを利用するプログラムです。
  元の仕様につきましては、 過去記事 を参照下さい。

 ②あらかじめパラメーターで指定した表示仕様(5種類)をボタンクリックで
  選択・切り替えできるようにしました。
  ボタンは短期水平線が選択状態の時のみ、始点の近傍に表示されます。
  初期表示は「0」で、その数値をクリックすると「1~5」に変化し、登録済み
  順の仕様が表示されます。

 ③マグネットの有効距離仕様をPips指定ではなく、ピクセル指定に変更
  しました。

 ④各特定色毎にサウンドファイルを個別指定できるようにしました。


2.アラートライン(水平線)
 ①水平線に現在価格との差Pips表示等を表示するプログラムです。
  元の仕様につきましては、 過去記事 を参照下さい。

 ②距離表示をラインの中央ではなく、現在レートに合わせて上下に表示させる
  「オートアンカー」仕様を追加しました。
  (フォントサイズを変えてしまうと、少しズレが生じるかもしれません。)

 ③サウンド設定
  「true」を選択すると従来通り全ラインのタッチ時にアラート音が鳴ります。
  「false」を選択した場合は、ライン毎にアラート音の設定ができるように
  しました。
  ラインを選択した状態で、距離表示テキスト部をクリックすると距離表示
  の右側にマークが出ます。
  マークが出ている状態のラインにレートがタッチするとアラート音が鳴ります。


3.矢印プログラム
 ①フィボナッチアークを利用して矢印を表示するプログラムです。
  元の仕様につきましては、 過去記事 を参照下さい。

 ②矢印の値幅表示機能を追加しました。

 ③矢印に簡易的な引き付け参考ラインの表示機能を追加しました。
  (初期値はフィボナッチ数を仮に設定してあります。)



一つ一つは地味ですが、ほんの少しづつでも快適さを増す(行動を極力シンプル
にする)ことは意外と重要であると考えます。
作業効率向上の積み重ねで浮いた分の時間及び脳のリソースを、より重要な
分析作業に充てて頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


タイムフレーム(時間軸)の自動切換えプログラム

チャートのタイムフレームを自動で切り替えるプログラムを作ってみました。
「需要があまりないかな?」という気も若干しますが、せっかくなのでUPしときます。

MT4_ATFC01

HT_AUTO_TF_CHANGE_V01 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.プログラムをセットすることで表示されるボタンを押すと、パラメーターで
  指定した時間毎にタイムフレームを切り替え表示します。

2.切り替え間隔と表示する時間軸はパラメーターで指定できます。
  最大6種類までの時間軸を指定できます。


私はトレードする為の通貨ペアを表示するチャートとは別に「日経平均先物」
「ダウ平均先物」等々のチャートを参考で表示しているのですが、複数時間軸を
常時表示する程、画面スペースに余裕はありません。
その様な状況の中「一つのウィンドウスペースで複数時間軸を切り替えて表示
してくれたら便利かな」という思い付きから本プログラムを作ってみました。

使用方法や用途によっては利用価値が出てくるかもしれません。
興味のある方はお試し下さい。


私は今のところ「日経平均先物」等の株価指数先物の表示に海外FX業者の
XM を利用しています。(上記画像もXMのリアル口座チャートです。)
ココは今なら口座を開設するだけでボーナスがもらえるので、入金無しで
そのままMT4でのリアルトレードが可能でお得だと思います。

これから新規の口座開設を考えている方は FinalCashBack さん

を経由して申し込むことでキャッシュバックが得られますのでおススメです。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 ライン同期プログラム

アンケートにてリクエスト頂いた内容にお応えして、ライン同期プログラムをMT5へ
移植してみました。

MT5_LS_V01

HT_Line_Sync_V01 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.基本仕様はMT4版と同様ですので、 過去記事 を参照下さい。

2.MT4で同期させていた「フィボナッチアーク」を廃止し、代わりに「矢印線」を
  追加しました。


私は今のところ MT5 を普段のトレードで利用していません。
本プログラムにつきましても、熱心に動作確認をする予定はありませんので、
修正すべきと思われる気付き事項等がございましたら御指摘頂けると幸いです。


少し前から希望インジについてのアンケートを復活させて頂いています。
私自身も「欲しいなー」と思うようなリクエストを頂いた場合は、今後も対応させて
頂こうかと思っていますので、お気軽にコメントをお寄せ下さい。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


Volumesを視覚的に利用する (情報の次元を増やす)

「平均は全てを織り込む」という言葉があり、未だに信仰の対象になることで
多くの被害者が出ている気がします。
あたかも平均を取ったり複雑な計算をすることで、初期の数値から有益な
情報へ変化するかのように思われるかもしれませんが、現実は逆であると
考えています

平均化等をすることで、有益な情報はボヤけて薄まり、計算結果として
得られるものは 「おまじない・占い」 レベルの情報へと成り下がることが
ほとんどです。
所詮「レート」「時間」という2次元の情報でしかないものをいくらこねくり廻しても、
大したものは何も生まれてこないことをご理解頂き、それらの無意味に加工
された情報に振り回されない様、十分ご注意下さい。

(但し「多くの負け組みが信仰する占い情報」を利用することで、負け組みが
ポジションを取り易い場所を推測するのには役立つかもしれません。)

そんな訳で私がトレードする上で最も重視している情報は、チャートに表示された
ローソク足そのものとなります。
従って、私が紹介したほとんどのインジケーターは、ローソク足のレート(水平線)
を如何に有利に利用するかを重視したものになっています。


あくまで基本はローソク足の情報であることを踏まえた上で、更に別の次元からの
優位性を考えた場合、前々から利用法を模索していた指標が Volumes です。

短期トレーダーである私が待っているのは
「どこかの誰かが明確に負けた時」
であり、次に知りたいのは
「負けを認めてあきらめた人がリアクションを起こし易い場所」
となります。

前置きが長くなりましたが、その予測精度の向上を目的として今回の
インジケーターを作ってみました。

MT4_VCC01

HT_VC_Candlesticks_V01 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.基準としてVolumesの長期平均を利用し、各ローソク毎に Volumes比
  を算出し、その大きさを 5段階 に分けて、ローソク足を色分けする
  インジケーターです。

2.レベルの設定はパラメーターで変更できます。
  「分布状況確認メモ」を true にすると、各レベルの出現回数が表示されます
  ので、ご自分のスタイルに合わせて数値を調整して下さい。

MT4_VCC01_P


Volumes は「ティック更新回数」を示しており、取引量が反映された数値に
なっているとされています。
数値が大きいほど、そこに大きなポジションがある可能性が高いことを意味する
ので、理屈としては利用価値があると考えます。
(実際に役立つか否かは、現実の取引量がどの程度反映できているかの精度に
かかっているのではないかと思います。)

多くの方は、ローソク足を1~2色表示で利用されていると思います。
今回のインジケーターは慣れ親しんだ表示が大きく変化してしまうので、生理的な
拒否感がかなり大きいと予想されます。(私は大きいです。)
しかし、新しい気付き事項が得られる可能性も同時に感じますので、
興味のある方はお試し下さい。

このインジケーターは、まだ作ったばかりであり、個人的な有用性の評価は
これからです。
思い付いたことは形にしないと気が済まないので、取り急ぎ作ってみました。
場合によっては早々にお蔵入りになる可能性もありますが、一つでも何らかの
気付きを得られれば良いかなと思っています。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


HT_Chart_Sync のアップデート

HT_Grid に頂いたコメントへの対応として再描画タイミングの変更を実施。
(「Back Space」キーが使えるように修正。)

この変更に伴い、チャート同期プログラム HT_Chart_Sync の同期動作を
重くしていた処理が不要になったことに気付きコチラも修正しました。

動作が軽くなった様子を動画に撮ってみましたので、興味のある方はご覧下さい。

MT4_CS_PH_EL

HT_Grid_V03-3 ← ダウンロード(左クリック)
USDJPY_2014_0922-1010 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.2014年9月22日から10月10日までの動画となっています。

2.サインインジケーター
   赤と青: HT_Trigger
   緑と白: HT_Position_Hunter
  ロジックについては、それぞれの過去記事を参照下さい。


サインインジケーターはセットアップ(構える)候補を意味します。

複数時間軸での環境認識判断とマッチし、短期的な反発が期待できる場所
(逆ポジションで退かされた参加者が投げるであろう位置)まで引き付けられた
時がエントリーチャンスになると考えます。
(エントリーポイント表示用 : HT_Endurance_Line )

ブレの少ないトレードを繰り返す為の補助として各インジケーターの導入をご検討
頂けたらと思います。



それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。

続きを読む




 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


角度指定アラートラインの機能追加 等

角度指定のトレンドラインは以前ご紹介した プログラム を利用して、常時水平に
なるよう強制処理し、直近のレートを意識する際に使っていました。

使い続けていくうちに位置決め時に若干の違和感が発生。
「マグネット機能が無い」ということが原因だと思われます。
(マグネット機能:近くのローソク四本値に端部が吸い付く機能)

MT5だと角度指定ラインもマグネット機能付きなんですが、何故かMT4は
吸い付かないんですよね。
どこかで設定できるんじゃないかと思い、方法を探しましたけど解決できず、
仕方なくプログラムでの対応としました。
(実は設定方法があったりして?)

MT4_VC_AVA

HT_ALERT_LINE_VA01-1 ← ダウンロード(左クリック)
HT_VECTOR_V02-2 ← ダウンロード(左クリック)
HT_Zone_Extend_V01-1 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.パラメーターの「最大吸着距離」でマグネットの感度を設定できます。

2.ラインにマウスカーソルを重ねるとレートをポップアップ表示する機能も
  追加しました。


マグネット機能を追加してから、角度指定ラインの利用機会が更に増えました。
なかなか快適だと思いますが如何でしょうか。





矢印表示プログラムもちょっとだけ修正。
(ほとんどは表面上の変化がわからない内容です。)
利用方法は 過去記事 を参照下さい。
開発当初から色々と進化し、面倒な準備無しで使えるようになっています。

修正ついでに両矢印機能を追加してみました。
オブジェクトのプロパティを開き「説明欄」にキーワード(初期設定は「b」)を入力
すると両矢印表示になります。

MT4_VC_02-2

用途は不明・・・。
「ついにMT5の矢印機能を超えたぞ」というちょっとした優越感を得たい方はどうぞ。





角度指定ラインにマグネット機能をつけてみたところ好感触だったので、
四角オブジェクトにも反映してみました。

4点ある内の始点と終点は元々マグネット機能があります。
今回の修正で、始点と同じ時間に並んでいる始点以外のもう一つの点に
マグネット機能を追加しました。
(吸着にタイムラグがあると不快なので、延長動作が反映されるタイミングも変更。)

ゾーンを描画する際、作業がかなり快適になると思います。
興味のある方はお試しあれ。


これまではゾーンを描画したチャートの時間軸を大きく変化させると、逆側に
延長してしまったり、ローソク足を貫通して延長してしまったりという現象が
発生していました。
それほど不都合を感じていなかったので放置していましたが、今回ついでに
修正したつもりです。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


アラートラインの修正等

MT4 が Build711 になったタイミングなのか、もう少し前からなのか
わかりませんが、水平線のレート表示仕様が変わっていたようです。

プロパティで「背景として表示」にチェックを入れると、縦軸目盛部に表示
されていた水平線のレートが見えなくなってしまいました。

その辺りの対策を含めて、いくつかのインジをチョコチョコ修正しましたので
UPします。

MT4_ZE_BT

HT_ALERT_LINE_V02-5 ← ダウンロード(左クリック) 過去記事
HT_ALERT_LINE_VK01 ← ダウンロード(左クリック) 過去記事
HT_BAR_TIME_V02-6 ← ダウンロード(左クリック) 過去記事
HT_Zone_Extend_V01 ← ダウンロード(左クリック) 過去記事

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.アラートライン (HT_ALERT_LINE_V02-5 / HT_ALERT_LINE_VK01)
  水平線のレートを確認する為にツールチップ機能を利用しました。
  水平線にマウスカーソルを重ねるとレートがポップアップ表示します。

  VKシリーズはレートを常時表示する機能が元々ありますので、お好みに
  合わせて御利用下さい。


2.ローソク足完成までの残り時間表示 (HT_BAR_TIME_V02-6)
 ①H4以上の時間軸で表示される hr 表示を2段のみではなく、1段表示も
  選択できるように修正。
 ②確定した時間にアラート音を鳴らす機能を追加。


3.ゾーン表示の自動延長プログラム (HT_Zone_Extend_V01)
  タッチでアラート音を鳴らす機能を追加。


過去に色々なインジを紹介してきましたが、実戦で使う中で「無くても良いかな」
と感じ、お蔵入りになっているものも多々あります。
今回紹介した4点は、実戦での評価に耐え、現時点でも使い続けている個人的な
お気に入りインジです。
興味の有る方はお試し下さい。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


HT_Endurance_Line のバージョンアップ

御購入者様より「新しいライン発生時にメールでアラートを送る機能が欲しい。」
とのリクエストを頂きました。
正規版には「サウンド」「メール」での通知機能を追加しましたのでお知らせします。
(その他の機能は従来通りです。)

既に購入済みの方は、期限切れで再ダウンロードができないと思われます。
私宛へ購入サイトに登録したメールアドレスからメールを頂ければファイルを
添付して送信させて頂きますので、御希望される方は宜しくお願い致します。

MT4_E-Line_Sample

HT_Endurance_Line は価格以上の価値が十分あると思ってます。
反応する可能性の高い値の候補を的確に示してくれます。
チャートから売り買いの攻防をそれなりに読み取れる程度の知識・経験を
持つ方であれば有効な武器になる可能性は高いと思います。

興味の有る方は、試用版にて表示内容をご自分の目で御確認の上、有用性を
御判断下さい。

HT_Endurance_Line_Trial_V00 ← ダウンロード(左クリック)
(土・日しか表示できない仕様になっています。)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。





以前の 記事 でお勧めしたキャッシュバックサイト



ですが、私の愛用するFXDD(ソードフィッシュ)のキャッシュバック率がいつのまにか
0.75Pips から 0.35Pips に下がっていました。
かなり美味しかったので非常に残念です・・・。

0.35Pips とはいえ、チリも積もれば大きくなるのでまだまだバカにできません。
海外口座でハイレバレッジ運用をされたい方はキャッシュバックサイトの利用を
お勧めします。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


プロフィール

HT

Author:HT
優位性の種 をご提供
自由にご活用下さい
htfxjp@gmail.com

検索フォーム
オリジナルインジ一覧

カテゴリ
アーカイブ

全記事の一覧表示

最新コメント
FX業者
おススメ業者さん
MT4でトレードするなら
(練習にもオススメ)
MT4スプレッド

スキャル口座 におススメ
(いつも食品ありがとう)


オリコンランクNo.1
(ご馳走様です)


国内口座数No.1
(スプレッド安定)


MT4でスプ最狭
(デイトレにオススメ)
高速FX

定番
(ツール使い易い)
FXネオ(CM)

海外口座
(キャッシュバックがお得)


RSSリンクの表示
ブログランキング & PASS
応援クリックお願いします


にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ


クリックパス表示
PASS : XXXX

インジケーター販売
エントリーポイント表示用
HT_Endurance_Line
MT4記事 / MT5記事
HT_EL
DLmarketで購入

ブレイク検知プログラム
HT_Trigger 記事
HT_TR
DLmarketで購入

ポジション分布の視覚化
HT_Posi_Checker 記事
HT_PC
DLmarketで購入



節目ライン自動表示用
HT_Turning_Point
MT4記事 / MT5記事
HT_TP
DLmarketで購入

ターゲット表示プログラム
HT_Follow_Target 記事
HT_FT
DLmarketで購入



超短期スキャルピング用
HT_Sec_Chart
記事1 /  記事2
HT_SC
DLmarketで購入



初動を捉えるインジケーター
HT_Position_Hunter 記事
fx-on.com特集記事
【取扱説明書 Download】

≪USDJPY≫
HT_PH_USDJPY
DLmarketで購入

≪EURJPY≫
HT_PH_EURJPY
DLmarketで購入

≪EURUSD≫
(GBPUSD・AUDUSD同梱)
fx-onで購入
DLmarketで購入



検証用チャート同期ツール
HT_Chart_Sync
記事1 /  記事2
【参考動画】
(MT4・MT5同梱販売)
HT_CS
DLmarketで購入

Wパターン確認用プログラム
HT_W_Switch 記事
HT_WS
DLmarketで購入

ローソク足検証用プログラム
HT_BAR_DATA
記事1 /  記事2
HT_BD
DLmarketで購入

オリジナルインジケーターの
作成依頼も承っています。
お気軽にメールにてお問い
合わせ下さい。