心は行動によって変化する

私の偏見かもしれませんが、日本を含むいわゆる近代的なの文化の下で
育ってきた場合、「心」と「身体」は別々に取り扱うものであるという認識に
なりがちではないでしょうか。

「身体」は単なる物質であるのに対し、「心」は物質ではないですし、別物で
あるのは当たり前だという感覚を私も持っていましたが、今は少し考えが
変わりました。

先ず、気付くべきことの一つは
「心とは脳という臓器の機能のうちのほんの一部でしかない。」
ということです。
(何らかの宗教を熱心に信仰されていたり、脳の働きに対する基礎知識が不足
している方は、この段階で既に納得がいかないかもしれません・・・。)

そこを理解することで、
「心は身体を構成する要素の一部である。」
ことがわかるので、別ものではなく
「心(自我・顕在意識)は身体に含まれた存在である。」
といえます。


何故わざわざこんなことを記事にしたかというと、「行動によって心が変化する。」
というメカニズムを理解し利用することが、効率の良い成長に繋がると考える
からです。

「心」が変化することで「行動」が変化するというのはイメージし易いかと思いますが、
逆に「行動」を変える(身体を利用する)ことで「心」を変えることもできます。

「行動」の結果として得られた情報は、脳へインプットされて記録されます。
意識して記憶しようとしなくとも潜在意識は自動的に情報の記録を実施します。
膨大に記録されたそれらの情報は、その後の行動に影響を与えることとなります。

正しい感情(※注1)を伴いながら正しい行動を繰り返すことで「心」が変化し、
特に意識をしなくても自然と「正しい行動」を取るようになってきます。
その様な良い変化が進むと、潜在意識が自己保存機能(※注2)を発揮することで、
意志(顕在意識)の判断で「正しい行動」以外の行動を取ろうとすると、不快な
感情を伴うようになってきます。
(催眠術にかけられた人が身体の自由を奪われた状況に似ている。)

いわゆる「身体で覚える」ということになりますが、イメージとしては
「演技を継続していたら、いつの間にか本物になっていた。」
という感じでしょうか。

今現在はまだ勝ちきれておらず、早く勝ち組に近づきたいならば、何はともあれ
「ルール(決められた行動)を守ること。」の重要性をあらためて強く認識して
頂きたいと思います。
そうすることではじめて結果のデータを利用した定量的な分析が可能になり、
具体的な改善策も明確になってきます。


少しでも何かしらの気付き事項を得て頂けたら幸いです。





※注記1 : 「正しい感情」について

一般的な生理的反応として、利益が出れば「快」、損切りになれば「不快」
の感情が発生し易いかと思います。

ココが最もハマリ易い落とし穴となっています。

潜在意識が脳内に結果の記録をする際、感情「快や不快など」の情報が
行動及び結果とセットで同時に記録されます。
それらの情報は、後に類似の状況が発生した場合に利用されるのですが、
行動を起こすかどうかの判断材料として、潜在意識は「快・不快」の情報を
重要視する性質があるようです。

特に足を引っ張るのは、「ルールを破って出した利益」です。
ルールを守っていないということは、優位性が有るはずもなく、類似の行動を繰り
返した場合、トータルすると少なくとも手数料分は負けてしまいます。

しかし、「利益 = 快」というだけの単純な記憶の刷り込みを続けている方は、
過去の無意味な「快」情報に踊らされて、何度も何度も同じ間違いを犯すことに
なるでしょう。
これが「ついついルールを破ってしまう。」という負け組みの典型パターンです。

この無限ループから脱出する為には、「ルール守る = 快」「ルール破る = 不快」
というシステムを意識的に作り、定着させる必要があります。

「理屈はわかるけど損切りなのに「快」と感じるのは難しい」という方は、ここでも
行動によるインプットを利用することをおススメします。

例えば「トレード毎にルールを守れたことを成果とする記録をつける。」
等の行動を取ることで「ルール守る = 快」をご自分に刷り込んで下さい。
何でも良いので、成功に対する(感情的な)報酬に繋がるような行動を、
実行してください。

「ルールを破った場合は、例え利益が出てもその日のトレードは禁止。」等の
罰則を設けることも効果的だと考えます。


頭でわかった気になるだけでは、何の役にも立ちません。
行動が伴わない限り全く無意味です。
あとはご自分次第です。





※注記2 : 自己保存機能について

潜在意識は「種として生き残ること」を目的として機能します。

その基本的な特徴の中に、生命を維持する為の合理的な方法として
「今までと同じ行動を取り続けようとする。」というものがあります。

「とりあえず今まで生きてこられたのだから、同じ行動をとることで生き残る確率
を上げられるだろう。異なる行動を取るのにはリスクがある。」
という理屈だろうと言われています。
潜在意識としては、良かれと思ってこの様な現状維持機能を発揮するわけですが、
この性質が結果として不都合になることは多々あります。
禁煙やダイエットが失敗し易いのも、コレが主な原因ではないでしょうか。

潜在意識は顕在意識と比較すると圧倒的にパワフルな存在である為、潜在意識の
意向を急に変化させることはできません。
少しづつ手なづけていく必要が有ります。
(全く勝ち目は無いので、決して潜在意識と敵対してはなりません。)

変化することは決して不可能ではありません。
良い行動を潜在意識に刷り込むことに成功した時、それは強力な味方となります。
「変化を嫌う性質が有る。」ということを受け入れた上で、地道に自分が今できる行動
を繰り返し、小さな変化を積み重ねることで目的を達成して頂ければと思います。





「メンタルを鍛える」とはどういうことなのかのヒントを多少なりともお伝えできればな
と思い、今回の記事を書いてみました。
できる限りシンプルにまとめたかったのですが、かなりの長文になってしまい
すいません。

ただ、これでも言葉足らずな部分も多い気がしており、意図した内容が伝わるか
どうかは不安です。
腑に落ちない内容があるならば、是非ご自分で納得できるまで調べて下さい。
今回ご紹介した内容は、相場への対応の為だけに留まらず、今後の人生を豊かに
していく上でも、身に付けておくべき知識であると考えます。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 オブジェクト同期プログラムの修正

「オブジェクト同期プログラム」 に対し

「オブジェクトプロパティの表示選択情報も同期するようにして欲しい。」

とのリクエストを頂きましたので、久しぶりにアップデートしました。

興味のある方はお試し下さい。

MT4_LS104

HT_Line_Sync_VT1.04 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


今回の修正で、オブジェクトをどの時間軸のチャートで表示するかの情報も同期
されるようになりました。
ライン等のオブジェクトだらけになるのを防ぐ方法が一つ増えた感じでしょうか。

本プログラムは上手く利用することで、裁量トレードの助けになると考えます。
有効に活用して頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 MAの傾き量を表示するプログラム

アンケートにて

「MTF 移動平均線で上下の向きが反対に確定するまでの残りPIPSを
表示できるようなものがあれば便利だなあっておもいます」

とのリクエストを頂きました。

何となく面白そうな予感がしたので、試しに作ってみました。

MT4_MAD100

HT_MA_DIRECTION_V1.00 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.「MAの情報」「傾き方向」「傾き0までのPips」を表示します。

2.MAの内容を変化させることで、複数の情報を表示することもできます。
  複数の情報を表示させる場合は、必要な数だけプログラムをセットして下さい。
  表示の重なりを避ける為、縦位置(Y)をズラして設定して下さい。
  同じ情報を表示しようとしても、片側のみしか正常に表示されません。
  (操作ミスで表示が消えた場合は、時間軸切替等の操作でチャートの
  再読み込みをして下さい。)

3.MAのモードは「SMA」と「EMA」から選択できます。
  (その他のMAモードは計算がメンドクサそうな気がしたので未対応。)
  適用価格は終値となっています。


MAが好きな方にとっては、何かしらの使い道がありますでしょうか。
興味のある方はご確認下さい。


個人的にはMAを使っていません。
現在は、日足チャートのみに飾りとして表示していますが、実トレード
には利用していません。

何らかの規律を守るための参考としてならば使えるかもしれませんが、
MAから優位性は得られないと考えています。
優位性を得るためには、過去にご紹介させて頂いている水平線系の
情報のご利用をおススメします。





節目ラインを自動表示するプログラム

 「HT_Turning_Point」

に対し、
「ラインのコードやサイズを変更できるようにして欲しい。」
とのリクエストを頂きましたので、プログラムを修正しました。

MT4_TPT102

お試し期間を追加した体験版をUPしましたので、興味のある方は
この機会にお試し下さい。

HT_Turning_Point_Trial_V1.02 ← ダウンロード(左クリック)
2015年3月末までの体験版です。それ以降は土・日のみ表示可能となります。


本プログラムは個人的にも実戦で活用しています。
オーソドックスなルール構築の為の材料としておススメです。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。

続きを読む




 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT5 デジタル時計 その他

ご要望を頂いたいくつかのプログラムについてMT5版の作成や修正をしました。

興味のある方はお試し下さい。

MT5_BTM100

HT_Time_Button_V1.00 ← ダウンロード(左クリック)
HT_Time_Button_V1.02 ← ダウンロード(左クリック)(アラーム機能追加)

HT_DIRECTION_MEMO_V1.01 ← ダウンロード(左クリック)
HT_DIRECTION_MEMO_V1.02 ← ダウンロード(左クリック)(組表示対応)

HT_ARERT_LINE_VK2.03 ← ダウンロード(左クリック)

HT_High_Low_V1.02 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


それぞれの仕様につきましては、下記の過去記事等を参照願います。
 「一工夫したシンプルな時計」
 「方向感のメモプログラムを修正」
 「アラートラインと矢印プログラムの修正」
 「高値・安値表示インジの修正」


微妙にMT4の仕様と異なる物もありますが多少のことはご容赦下さい。

私は今でもMT4をメインで利用しており、MT5は今回のような移植作業が
ある時のみ開く程度です。
MT5のプログラムを利用して不具合や気付き事項がございましたら、
コメント等にてお知らせ頂けるとありがたいです。





上位ローソク足の表示プログラムに対して頂いたリクエストを反映しました。

MT5_HCA102

HT_Higher_Candle_V1.02 ← ダウンロード(MT4版)(左クリック)

HT_Higher_Candle_V1.021 ← ダウンロード(MT5版)

「最新の上位ローソクを描画する際、横幅が徐々に太くなっていくのではなく、
出現時から規定の太さに表示して欲しい。」
とのことで、パラメーターにモードを追加しました。
(初期値は false になっています。)

上位ローソク確定までの残り時間をイメージする助けにもなりそうなので、
確かに太さ固定の方が良い気がします。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。



 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 方向感のメモプログラムを修正

コメントにて頂いたリクエストを参考にプログラムを修正しました。
基本的に私の好みに合わせていますので、細かい仕様については気に入らない方も
いらっしゃるかと思いますがご容赦下さい。

シンプルさを維持しながら、少しだけ機能を追加した感じでしょうか。
興味のある方はお試しあれ。

MT4_DM1010

HT_DIRECTION_MEMO_V1.01 ← ダウンロード(左クリック)
HT_DIRECTION_MEMO_V1.02 ← ダウンロード(左クリック)(組表示対応)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.時間軸の並び順を「昇順」「降順」から選べるようにしました。

2.ボタン未選択時のマークを追加しました。
  (ココにレンジを意味するマークを設定するイメージ。)

3.ボタンを2段押し式とし、マークを2種類としました。
  状況に応じて2種のマークを使い分けて頂ければと思います。

4.各マークは「フォント」「サイズ」を含めてパラメーターにて指定可能としました。
  好みに合わせて設定して下さい。


本プログラムは個人的にも実戦で活用しています。
ご自分で下した判断をメモとして表示しておくことで、自然と相場環境の再確認が
できます。
状況把握の精度を上げることでミスを避ける確率は上がるのではないでしょうか。
能力を最大限発揮するための手助けになればと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 一工夫したシンプルな時計

ふとデジタル時計が欲しくなり、何となく作ってみました。

興味のある方はお試し下さい。

MT4_TBT100

HT_Time_Button_V1.00 ← ダウンロード(左クリック)
HT_Time_Button_V1.02 ← ダウンロード(左クリック)(アラーム機能追加)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.時計付きのボタンを表示するプログラムです。
  PCの時計データを利用した表示となっています。
  パラメーターにて「表示位置、サイズ、色、フォント」等を変更できます。

2.ローソク足の確定時間に注意する為、ボタンを点滅させる機能を設けました。
  パラメーター「注意喚起間隔」で設定した間隔毎に、「注意喚起発動時間」で
  設定した秒を超えた時に点滅表示します。

3.パラメーターで注意喚起時のサウンド機能を設定できます。
  サウンドはボタンを押すことで無効にできます。


これまではローソク足が確定するタイミングに注意する為として、
過去記事 「ローソク足完成までの残り時間表示」にて紹介した
HT_BAR_TIME を複数時間軸に対しそれぞれ表示して利用していました。

特に違和感なく使ってはいたのですが、
 ・最近はあまり気にして見てない。
 ・複数表示する必要性は低い。
 ・そもそも残り時間表示じゃなくても良いかも。
ということに気付いたところで、代わりに秒表示のある時計が欲しくなり、
今回のプログラムを作ってみました。

個人的に主力として使っていくかどうかは、今後評価していく予定です。
皆様も好みに合わせてご利用頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 レジサポライン by ZigZag

ZigZag好きの方の為に自動でレジサポラインを引くインジケーターを作ってみました。

新規ポイントが出来ると、それまで引かれていたラインが消えてしまう仕様の物は
出回っていると思いますが、本インジはブレイクされるまで延長される仕様となって
います。

興味のある方はお試し下さい。

MT4_ZZHL100

HT_ZigZag_H_Line_V1.00 ← ダウンロード(左クリック)

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、画面右下の順位表示をクリック。
本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.ZigZagで計算されたポイントを利用してラインを描画します。

2.ラインはブレイクされるまで延長されます。
  延長停止のブレイク条件はパラメーターにて「終値」「高値・安値」から選択できます。
  初期設定は「終値」になっています。
  「終値」設定の場合、上記画像の様にヒゲでは延長停止せず、実体でブレイクさた時に
  延長停止する仕様となります。


裁量判断の反映は必要となりますが、それなりに使えるのではないかと思います。
プログラムとしては過去にご紹介した 「HT_Fractals」 の類似品となります。
好みに合わせてご利用頂ければと思います。





以前は自動ライン描画プログラムとして HT_Fractals が一番のお気に入りでしたが、
現在は表示させなくなってしまいました。

自動描画のラインとしては

 「HT_Turning_Point」

 「HT_Endurance_Line」

を主に使っており、裁量判断で引いたラインと共に利用しています。
ワンランク上のシステムを構築したい方にはコチラをおススメします。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


優位性に対する誤解

いつものことですが今回の記事もあくまで個人的な考えです。
スキャルピングからデイトレード程度のスタイルについての見解です。


たまに聞くフレーズとして
「重要な節目を抜けたから優位性が発生した」
という言葉がありますが、それは大いなる勘違いの元だと思っています。

単体の事象に対して優位性は(ほぼ)発生しません。
単体で発生するのは、日銀介入等の大きなファンダメンタル要因の偏りが発生した時
などの場合に限られます。

基本的に優位性は「複数の事象の関係性」に宿るものです。
たまに発生する事象と事象のネットーワークが意味を持った時にはじめて優位性は
発生します。

重要な節目を抜けただけで優位性が発生するならば、抜けたところでポジションを持つ
だけで勝ち越せることになりますが、そんなに簡単ではありませんよね。
普通は常に上下どちら側にも重要な節目は存在し、それらはいつか抜かれます。
節目を抜くこと自体は単なる日常的な事象にすぎず、優位性などまだ発生していません。

しかし節目を抜いたという事象は注目する価値があります。
それはそこで「多数の意識が集中したリアクションの準備」がされると考えるからです。
いわゆるセットアップという状態となります。

但し、準備されたからといって実行される確証はありません。
また、実行されたとしても、捉えられないような形で分散されることもあります。
準備された力の集中的な開放を促す事象が発生した時のみ、優位性は生まれます。

単に節目を抜いたからといって、焦って根拠の薄い状態でポジションを取ることで
負けていませんか?
優位性に対する誤解や思い込みを手放すことで、自然に待てる力が付くと思います。
目の前の単発的な事象のみに気を取られていては、いつまで経っても勝てません。
関係性を意識することによって、一歩先のステージが見えませんでしょうか。

優位性を捉える為の材料は、過去に紹介しているつもりですので参考にして頂けると
幸いです。
是非ご自分の性格に合った得意パターンを見出して頂き、安定したスタイルを構築
して頂けたらと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


プロフィール

HT

Author:HT
優位性の種 をご提供
自由にご活用下さい
htfxjp@gmail.com

検索フォーム
オリジナルインジ一覧

カテゴリ
アーカイブ

全記事の一覧表示

最新コメント
FX業者
おススメ業者さん
MT4でトレードするなら
(練習にもオススメ)
MT4スプレッド

スキャル口座 におススメ
(いつも食品ありがとう)


オリコンランクNo.1
(ご馳走様です)


国内口座数No.1
(スプレッド安定)


MT4でスプ最狭
(デイトレにオススメ)
高速FX

定番
(ツール使い易い)
FXネオ(CM)

海外口座
(キャッシュバックがお得)


RSSリンクの表示
ブログランキング & PASS
応援クリックお願いします


にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ


クリックパス表示
PASS : XXXX

インジケーター販売
エントリーポイント表示用
HT_Endurance_Line
MT4記事 / MT5記事
HT_EL
DLmarketで購入

ブレイク検知プログラム
HT_Trigger 記事
HT_TR
DLmarketで購入

ポジション分布の視覚化
HT_Posi_Checker 記事
HT_PC
DLmarketで購入



節目ライン自動表示用
HT_Turning_Point
MT4記事 / MT5記事
HT_TP
DLmarketで購入

ターゲット表示プログラム
HT_Follow_Target 記事
HT_FT
DLmarketで購入



超短期スキャルピング用
HT_Sec_Chart
記事1 /  記事2
HT_SC
DLmarketで購入



初動を捉えるインジケーター
HT_Position_Hunter 記事
fx-on.com特集記事
【取扱説明書 Download】

≪USDJPY≫
HT_PH_USDJPY
DLmarketで購入

≪EURJPY≫
HT_PH_EURJPY
DLmarketで購入

≪EURUSD≫
(GBPUSD・AUDUSD同梱)
fx-onで購入
DLmarketで購入



検証用チャート同期ツール
HT_Chart_Sync
記事1 / 記事2 / 記事3
【参考動画】
(MT4・MT5同梱販売)
HT_CS
DLmarketで購入

Wパターン確認用プログラム
HT_W_Switch 記事
HT_WS
DLmarketで購入

ローソク足検証用プログラム
HT_BAR_DATA
記事1 /  記事2
HT_BD
DLmarketで購入



オリジナルインジケーターの
作成依頼も承っています。
お気軽にメールにてお問い
合わせ下さい。