MT4 方向感のメモプログラムを修正

環境認識の結果を記録表示させておくプログラム HT_DIRECTION_MEMO
の表示方式を変更してみました。

興味の有る方は、お試し下さい。

MT4_DRMM200

HT_DIRECTION_MEMO_V2.00 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーをクリック

人気ブログランキングへ飛び、本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.スライドスイッチの様な形式としました。

  各時間軸の数値表示部をクリックすると、数値の位置が上下にスライドします。
   <クリック位置>
    上  : 上側へスライド
    下  : 下側へスライド
    中央: 中立位置へスライド

2.位置によって表示色が変化します。
  上(又は下)を2回連続でクリックすると、数値部の色も変化します。
  (2段階表示)


表示スペースを縮小したいなと思い、今回の変更を実施してみました。

各時間軸における状況確認結果を明確に視覚化することで、トレード判断
の助けになりますでしょうか。
お好みに合わせて、ご利用頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる

私の場合、オリジナルの手法を構築しようとする時のスタンスは、あまり
格好良くはありませんが、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」というイメージ
に近いです。

これは、ただ無闇にトレードを繰り返すという意味ではありません。
納得できるロジックに従うということが、大前提となります。

その前提の下、できる限り先入観を持たず、様々な手法をトライし続ける
ということです。

ある手法が自分にマッチするかどうかは、事前にはわかりません。
実際にトライし、データを集めてみないと、何も見えてきません。
これから手法を構築する方は、食わず嫌いを起こさずに、色々と試してみる
ことをオススメします。

生物界においては、その時代の環境に適したもののみが、生き残っていきます。
環境を自分でコントロールすることはできないので、生き残れるかどうかは
運任せです。

使える手法との出会いは、生物界の適者生存と同様、偶然の積み重ねから
生まれると考えます。

深く思考することで解決するようなものではありません。
ひたすらデータを集めて、有効性の判断を繰り返すことでのみ、ほんの少しの
気付きの獲得へとつながります。

貴重な気付きを逃さない為に、トレード記録を取って下さい。
データに基づくまともな分析をしなければ、せっかくそこに優位性があっても
認識することはできないでしょう。

地味ですが、適切な検証を継続することが力となります。

自分なりの気付きを組合わせることで、少しづつ手法の精度を向上して頂けれ
ばと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


リクエスト対応

ブログ記事へのコメントからリクエスト頂いた内容を反映してみました。

ちょっとした変更だけですが、興味の有る方は、お試し下さい。


MT4_Vol105_AL110

HT_Volatility_INFO_V1.05 ← ダウンロード

HT_ALERT_LINE_VK1.10 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーをクリック

人気ブログランキングへ飛び、本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.ボラティリティ表示プログラム HT_Volatility_INFO

  ボラティリティが少な過ぎる際に表示されるストップマークが消えた時、
  アラートやメールで通知する機能を追加しました。


2.水平線式アラートライン HT_ALERT_LINE_VK

  レート表示機能を有効にした上で、Right に設定した場合、チャートを過去に
  スクロールしても、表示がフレームアウトしない仕様としました。
  (変更以前の Right 仕様の機能は、今回追加した Now を選択すると有効と
  なります。)





インジケーターについてのリクエスト等がございましたら、お気軽にコメントの
書き込み又はメールを頂ければと思います。

比較的簡単な対応で機能UPにつながるものであれば、できる限り実施していく
つもりです。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


ルールを機能させる為に層流を捉える

利益を残す為には、相場の環境認識が重要です。
何故なら、悪い環境で勝負を挑んでしまうと、手数料を超える利益を残すことが
非常に困難になるからです。

私の考える悪い環境というのは、ランダム性の強い環境ということになります。
流体力学的に状態を表現すると

 ・悪い環境 : 乱流
 ・良い環境 : 層流 (各流体要素が揃って運動して作り出す流れ)

となり、管内を流れる状態のイメージとしては、下記のようになります。
(より詳しく知りたい方は、ご自分でググってみて下さい。)

Laminar_Tubulent

層流の場合は、ある地点の流体要素が一定時間経過後に、どの位置へ移動
するかの予想が可能です。
(ある程度、ニュートン力学に従って運動してくれる。)

乱流の場合は、流体要素の一定時間経過後の位置を、精度良く予想することが
できません。
移動する可能性のある範囲は、経過時間とともに増大していき、ピンポイントで
移動先の位置を予想できなくなります。


相場は基本的に乱流の状態を維持しています。
乱流の中では、何をどうがんばっても結果につながりません。
ココを本当の意味で理解できない限り、果てしない遠回りを継続することに
なると考えます。

効率良くトータルプラスを実現したいのであれば、時々訪れる層流傾向の状態
でのみ勝負をして下さい。
乱流での勝負を避けることが、優位性の確保につながります。

良い環境に限定して勝負ができると、かなり技術不足であっても、環境が
後押しをしてくれるので、それなりの結果を得ることができます。


オリジナルスタイルを構築する場合は、乱流を乗りこなすことを目指すのではなく、
層流傾向が発生し易い条件を見つけ出すことに集中してみては如何でしょうか。

環境認識の精度を向上させる為、状況を定義するツールを数多くご紹介している
つもりです。
ご自分のスタイルに合わせ、必要に応じてご利用頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 グリッドプログラムを少し修正

MT4 グリッドプログラムを少し修正


縦軸・横軸表示プログラム HT_Grid に修正を加えました。
機能追加は無く、ちょっとした修正や動作改善のみの変更となっています。


興味のある方は、お試し下さい。

MT4_GRD314

HT_Grid_V3.14 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーをクリック

人気ブログランキングへ飛び、本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.日本時間部の背景色を表示するオブジェクトを変更しました。
  (Label → Rectangle Label)
  オブジェクトの数が大幅に減っています。

2.パラメーターの標準設定で「タイマー処理」は false としました。
  他チャートからの同期操作で時間が変更されたりしない限り、不都合は無い
  かと思われます。
  不都合がある場合は、true に設定して下さい。

3.ムダな処理を減らす為、マウス動作時の処理を修正しました。


HT_Clock のアラーム設定をする際、アラーム入力部の表示がちらつく現象
が発生していたのですが、その主原因は HT_Grid の動作にあったようです。
今回は、ちらつき現象への対策のついでに、いくつかの修正を加えてみました。

お好みに合わせて、ご利用頂ければと思います。

それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 出来高(Volumes)を色分けラインで視覚化

Volumes というデータをもう少し活用できないかと思い、過去にいくつか
プログラムを作ってみてはいるのですが、結局は HT_Volatility_INFO のみ
でしか利用できていません。
(その他は好みに合いませんでした。)

なかなか好みのものができないので、忘れかけていたのですが、ふと今回の
仕様を思いついたので、懲りずにとりあえず形にしてみました。

興味のある方は、お試し下さい。

MT4_VLBR100

HT_Volumes_Bar_V1.00 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.Bidラインに Volumes の大きさを反映した色を表示するプログラムです。
  チャートを過去にスクロールし、画面内からBidラインが外れる場合は、
  画面右端ローソク足の終値に色付きラインを表示します。

2.パラメーターで指定した「基準値計算用バー本数」分のデータで算出
  した平均値を基準値として利用します。

3.Volumes を基準値(平均値)で割った値のレベル判定で色分けをします。
  レベル設定値及び各レベルの色は、パラメーターで変更できます。


「標準の棒グラフによる出来高表示はしたくない」
「サブウィンドウは利用したくない」
「イメージが自然と目に入ってくるようにしたい」
という条件の下、Volumes の情報を表示したくて、本プログラムの仕様を
採用してみました。

一般的なインジケーターは価格データを加工したものがほとんどです。
価格データを基にしている限り、見え方が異なるのみで、得られる情報に
大差はありません。
しかし、価格以外のデータである Volumes からは、異なる次元の情報が
得られるかもしれません。

少々ゲテモノ系の香りが漂っている気がしなくもないですが、多少の可能性
も感じます。
お好みに合わせて、ご利用頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 ゾーン延長プログラムと水平線アラートラインを少し修正

特に真新しいことはありませんが、既存プログラムに細かい修正を加えました。

興味のある方は、お試し下さい。

MT4_ALL_ZEX106

HT_Zone_Extend_V1.06 ← ダウンロード
HT_ALERT_LINE_VK1.09 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.四角オブジェクト延長プログラム 「HT_Zone_Extend」

 ①MT4を立ち上げ直した時、ローソク足データの読込みが終わり、次の値動き
  が有るまでは、延長処理をしないよう修正しました。
  (サーバーが止まっている時に、延長処理をさせたい場合は、四角オブジェクト
  をクリックして下さい。)

 ②不要な処理を省く等、動作を改善しました。


MT4再起動時にゾーンがローソク足を貫通してしまう現象が前々から少し気に
なっていたので、今回対応してみました。





2.水平線アラートライン 「HT_ALERT_LINE_VK」

 ①不要な処理を省く等、動作を改善しました。


機能の変更は無く、マウス動作時の処理において、ムダな計算を省いた程度
となっています。
気付かないレベルかもしれませんが、多少は動作が軽くなっているはずです。





地味ですが、上記の2つは私にとって主力のプログラムです。

単に過去の値を現在に投影するだけの機能ではありますが、過去から現在に
至る値動きから、意味の有る値を見つけられるようになると、有効活用できる
かと思います。

その様な意味の有る値の候補を自動表示させる

 ・HT_Endurance_Line
 ・HT_Turning_Point

と組合わせて、効率良く状況判断をして頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


MT4 アナログ時計

1年以上前にもアナログ時計を作ってみようと思い、トライしたことはあった
のですが、納得のいくものはできませんでした。

別に無くても良いものなので、すっかり忘れていたのですが、ふと思い出した
ので、リトライしてみました。
今回はMT4のバージョンアップによる機能追加にも助けられ、それなりのものが
できたかと思いますので、紹介させて頂きます。

興味のある方は、お試し下さい。

MT4_ACLK100

HT_Analog_Clock_V1.00 ← ダウンロード

ログインパスワードは下記バナーより

人気ブログランキングへ飛び、本ブログの紹介文をご確認下さい。


1.シンプルなアナログ時計プログラムです。

2.「配置」「色」「針の太さ」については、パラメーターで指定可能と
  なっています。
  横位置を決める「位置 X」を 0 以外に設定する場合は、針と文字盤の
  ズレを避ける為に、数値を 4 (とか 8) の倍数にすることを推奨します。

サイズについては、針がそれなりに違和感無く動くギリギリにしたつもりです。
できる限り小さくしたかったのですが、これ以上小さくすると、動きがかなり
不自然になってしまいます。
針の動きのスムーズさは、時間軸のスケール(拡大率)にも影響を受けます。
(ローソク足を細く表示させるほど、違和感は減ります。)

色々とオプション機能も思いつくのですが、今回はできる限りシンプルな構成
にしてみました。
お好みに合いましたらご利用頂ければと思います。


それでは。
少しでもお役に立てば幸いです。


 ↓ランクアップの為、クリックをお願い致します。

  


プロフィール

HT

Author:HT
優位性の種 をご提供
自由にご活用下さい
htfxjp@gmail.com

検索フォーム
オリジナルインジ一覧

カテゴリ
アーカイブ

全記事の一覧表示

最新コメント
FX業者
おススメ業者さん
MT4でトレードするなら
(練習にもオススメ)
MT4スプレッド

スキャル口座 におススメ
(いつも食品ありがとう)


オリコンランクNo.1
(ご馳走様です)


国内口座数No.1
(スプレッド安定)


MT4でスプ最狭
(デイトレにオススメ)
高速FX

定番
(ツール使い易い)
FXネオ(CM)

海外口座
(キャッシュバックがお得)


RSSリンクの表示
ブログランキング & PASS
応援クリックお願いします


にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ


クリックパス表示
PASS : XXXX

インジケーター販売
エントリーポイント表示用
HT_Endurance_Line
MT4記事 / MT5記事
HT_EL
DLmarketで購入

ブレイク検知プログラム
HT_Trigger 記事
HT_TR
DLmarketで購入

ポジション分布の視覚化
HT_Posi_Checker 記事
HT_PC
DLmarketで購入



節目ライン自動表示用
HT_Turning_Point
MT4記事 / MT5記事
HT_TP
DLmarketで購入

ターゲット表示プログラム
HT_Follow_Target 記事
HT_FT
DLmarketで購入



超短期スキャルピング用
HT_Sec_Chart
記事1 / 記事2 / 記事3
HT_SC
DLmarketで購入



初動を捉えるインジケーター
HT_Position_Hunter 記事
fx-on.com特集記事
【取扱説明書 Download】

≪USDJPY≫
HT_PH_USDJPY
DLmarketで購入

≪EURJPY≫
HT_PH_EURJPY
DLmarketで購入

≪EURUSD≫
(GBPUSD・AUDUSD同梱)
fx-onで購入
DLmarketで購入



検証用チャート同期ツール
HT_Chart_Sync
記事1 / 記事2 / 記事3
【参考動画】
(MT4・MT5同梱販売)
HT_CS
DLmarketで購入

Wパターン確認用プログラム
HT_W_Switch 記事
HT_WS
DLmarketで購入

ローソク足検証用プログラム
HT_BAR_DATA
記事1 /  記事2
HT_BD
DLmarketで購入



オリジナルインジケーターの
作成依頼も承っています。
お気軽にメールにてお問い
合わせ下さい。

htfxjp@gmail.com